議員へ要請面談vv

d0034988_10501376.jpg
昨夜、学校のある地区選出の議員さんへ
私学助成の幅を拡充してくれるよう要請するべく面談して来ました。

私学助成をすすめようとすると
「好き好んで高い授業料の学校へ行かせているくせに」
って、知らない人が言います。
そうじゃないんだけどなぁ・・・。

うちの息子の地域で言うと
公立はトップ校と低レベル校はあるけれど
真ん中がスッコーーンと無いんです
それに、絶対数公立が少ないし・・・。

中途半端な成績の子や公立をすべって私学に来た子がほとんど。

何も、高額所得者だから<私学>を選んだわけではないんですよ。
今年6人の生徒が自主退学して行きました。
全校生徒600名弱の小さな学校で、この6人は・・・

公立は無償化へと動いているようですが
大阪府は無償にはならないかも知れません。

大阪府の財政悪化・・・本当にそうなのでしょうか?
○△祭り、X+祭りとかって、お祭りには何十億のお金を注ぎ込んでいるのに

納得行かない・・・派手なパフォーマンスより、もっとしなければいけないことがあるんじゃないの

そう思えて仕方がありません。

ですが・・・

今回私は、そこから少し離れた部分で話をさせてもらいました。

子供手当(15歳以下)の支給。
でも、子供3人育てていると、15歳以下ってそんなにお金はかからないんです。
本当にお金が必要なのは、15歳以上。

つまり・・・

高校、大学進学に際する学費が、家計を圧迫しまくっている。
公立高校 年間約12万円
私学高校 年間約32万円(あくまでも授業料ね)
ここに色々諸経費、修学旅行費が加算されます。

現行なら
配偶者控除や扶養控除なんかがあって
ややその分の補てんが出来ているのですが
今回、それらが廃止されると言う話になっているので
それを阻止したいと私は思っています。

専業主婦って悪いことなんですか

私は大病をしてから、不安定な状態が続いています。
働きたくても周囲に迷惑がかかるんじゃないかって思うと
働けないんですよね。

また

老人の介護を自宅でなさっている方もまた
正社員では到底働けない。

そう言う人を切り捨ててしまおうとするのはどうなんだろう。
専業主婦って、そんなに安っぽい仕事じゃないですよ。
逃げ道ないんですもん。

私が目一杯正社員で働いていた頃
「仕事しているんだから、少々の事は・・・」
みたいな発想が確かにあって、どこか手を抜いている所もありました。
しかし、専業主婦として家にいると、それが出来ないんですよね。
「ずっと家にいるくせに」
そう言う目で見られているような気がするし
また、脅迫にも似た心の葛藤があるわけです。
「もう元気になったんだから、働いて当然じゃないの。それが出来ないのは怠慢でしょ」
みたいなね。

大黒柱のお給料が数百万単位で目減り
介護で手を取られ専業主婦なのに、控除も手当ももらえない
子供は高校、大学生・・・。

友人は融資を願い出た。

しかし、融資金は<入学金>と称して来年の春以降にもらえる。
入学金って、合格通知をもらったらすぐに振り込むんですよ。
たとえば、大学なら秋には振り込めるように用意が必要です。
間に合わない・・・。

相談窓口へ「早く融資金はもらえないだろうか」と相談に行くと
「親戚と相談して下さい」って言われたらしい。
愚の骨頂ですよ

何のための<相談窓口>なんだか・・・(苦笑)

そんなこんなを議員さんに話して来ました。

答えをすぐにもらえるとは思っていません。
「野党と与党の違いは大きい」
そうもらしておられましたが、それも理解出来ます。
でも、頭のどこかに留め置いて下さると幸いかと・・・。

さて、今夜は<私学デー11月1日>に向けての話し合いです。
ある程度の格好が出来ば良いのですが。(笑)

私は「今出来る事を、コツコツ」するだけ・・・。
頑張ります

画像は・・・ナタ豆。
随分大きくなってきました。
でも、1株に2個しか実らなかった。。。
赤ナタ豆なので、ここからまた増やしますわ。(笑)
[PR]

by fu-souka | 2009-10-15 10:50 | *風想花(日記)  

<< *久しぶりの休日vv やっと平常? >>