*栗の渋皮染めvv

d0034988_12282040.jpg
先日、O-さんの同僚から栗を沢山頂きました。

栗ご飯、栗おこわ・・・大阪と三重でそれぞれ炊いて食べましたvv
丹波栗じゃないので、小粒ですが、とても美味しい栗でした。

大半を<渋皮煮>にして保存・・・のつもりだったのに
一瞬で食べつくされてしまいました。ミ(ノ;_ _)ノ バタッ
まぁ、それだけ美味しかったってことかな。(笑)

渋皮煮は、水に重曹を入れて3度煮こぼしてアクを抜きますが
その時に黒茶色の煮汁が出て来ます。
そのまま捨てても良いのですが、折角なので染をしてみました。

今回は濃い目の色が欲しかったので
媒染剤は<鉄>を選んでみました。

重曹が入るので、化学反応がややあるかな???
など考えながら布を煮てみました。

それがねぇ~媒染剤を入れると汁が紫色に茶色を掛け合わせたような
綺麗な色になったんですよ。

d0034988_12285335.jpg

コップに入れて撮影したのは、まだ媒染剤を入れる前の煮汁。
入れた後のを撮影し忘れた・・・(TT)

意外と薄い色に染まったんです。
もっと濃くなるかと思ったんですけどね。

茶色と言うよりも、どちらかと言うと肌色に近いような色に染め上がり
優しい色合いだから良かったと思います。

画像の左
 綿+化繊・・・宍色(ししいろ)人間の肌色のような淡い黄味赤色。
画像の中
 絹・・・朱華(はねず)色かな?とも思いましたが、小麦色の薄い色かも知れません。

画像右
 絹・・・橡(つるばみ)赤紫と茶色を混ぜたような色。

う~ん、色を文字で表すのは難しいですね・・・。
実際の色は、画像で見るよりも淡くて肌色とピンクを合わせた濃淡のようです。

画用紙の白と比較すると、その違いは良くわかります。
が・・・左の綿+化繊の色が上手く出て見えないのが残念。
[PR]

by fu-souka | 2009-10-20 12:28 | *Pの手仕事☆  

<< *眼鏡vv ロザリオビアンコ? >>