朝鮮五味子

先日、ガン検診に行った時、朝の8時半に大阪入りだったの。
低血圧の私は、ボーッとして受付開始を待ってた。
そしたら、私のすぐ後に少し私よりも年配かな?上品な女性が来られたのよ。
たまたま目が合って、私が「おはようございます」と挨拶したのがキッカケで
その日はずっとご一緒することになりました。

綺麗な日本語を話しておられましたが、どうも日本人ではない発音をされる箇所があり
「失礼ですが、どちらのお国から来られましたか?」
と尋ねたら、韓国から三年前にキリスト教の布教活動のため来られた牧師さんだとわかりました。

検査が終わって、医師から簡単な説明を受けるまで三時間かかると言うので
一緒に昼食とお茶を楽しみましたが、それでも時間が余る…。

彼女は言いました
「家がすぐそこなのでお茶を飲みに来ませんか?」

一瞬、布教されるのか?と思ったけれど、これもご縁?と、お邪魔することになりました。

センターから歩いて数分。
彼女の自宅兼教会がありました。

綺麗に整えられた机に置いて下さったのは、ルビー色のお茶。
ハイビスカスティーか?と思ったけれど酸味がもう一段上。
サッパリしていてやや甘味もある…。
とても飲みやすく美味しい。
ずっと飲んでいたいような不思議な味でした。

「とても美味しいですが、これは?」

彼女は日本語で何と言うのか知らないし、日本で売っているのを見たことがないと答えた。
そう言われると益々知りたくなる。(笑)

「韓国の漢字ではどう書きますか?」

そう、植物なら漢字を見れば手掛かりが掴めると確信した。(*^_^*)

彼女は、五つの香り?五つの味?のどちらかだと言いつつ、電子辞書のキーを叩いた。
これこれ!と、電子辞書を手渡して嬉しそうな彼女。

五味子…ごみし

朝鮮五味子の実か!
私は二年前、同じ五味子を使ったお茶を飲んだ。
しかし、色も味も全く別物。

私は二年前、某大学薬学部の薬草園を助手として行った時、お茶として飲ませて頂いた記憶が甦った。

その時のお茶は、茶色く不思議な味で、飛び切り美味しいとは言えなかった。

すると彼女は、「実を大さじ一杯容器に入れて、お水を注ぎ入れて一日放置すれば出来る。至極簡単だから愛飲しているし、身体にも良い!」

そりゃそうだ。
漢方薬だからね…。( ̄ー+ ̄)ニヤリ

昨日、ティギーさんが遊びに来てくれた時、この話をしてみた。
某大学薬学部の薬草園、その時私は彼女の助手していたから、当然ティギーさんもご存知かと。(笑)

日本と韓国では、漢方薬の飲み方に違いがあるとは…目から鱗。
流石のティギーさんもビックリされていた。
「大学の薬草園に朝鮮五味子、ありましたよね。( ̄ー+ ̄)ニヤリ」

母の介護があるので、大学の薬草園助手には出向けない私に代わって
ティギーさんが朝鮮五味子を一枝もらってくれると言って下さったので、楽しみにしています。

朝鮮五味子は、日本へ雌木しか入りません。
ってことは、実は出来ても種は出来ない。
卵の無精卵みたいな感じ。
でも、必要なのは実だからそれで十分。

牧師の彼女は私に布教せず、文化交流をしてまたセンターに戻り
それぞれ医師から簡単な説明を受けて別れました。

彼女が最後に言ったのは
「日本人はなかなかオープンにしてくれないから寂しいわ…」
でした。

そうかも知れませんね。
オープンにするには、治安が悪くなりすぎましたから。

そんなこんなで、不思議なご縁と知識をまた頂きました。


~追記~**--**--**--**--**--**--**--**

【朝鮮五味子の効能】

マツブサ 科
生薬名 : 五味子(ゴミシ)
薬用部位: 成熟した果実
薬効  : 肺を補い、腎を益すると言われ、口渇したり、下痢などに用いる。
原産地 : 中国、韓国、日本
薬味、薬性:酸。温。

<注意>
* 熱証の咳嗽・呼吸困難には絶対に使用しない。
* 急性炎症や高血圧症・動脈硬化症には使用しない。
[PR]

by fu-souka | 2010-07-02 23:34 | *ハーブ小話vv  

<< *カサブランカ咲く♪ *おひさdeありがとうvv >>