*日本発信<もったいない>キャンペーン♪

d0034988_21541582.jpg
ある新聞のコラムに、ノーベル平和賞のワンガリ・マータイさん(ケニア副環境相)が提唱する
「もったいない」キャンペーンが各地で広がりを見せている事を知りました。

昔はどこのお宅でも「もったいない・・・」を教えておられたと思いますが、
最近はそんな事を言う人もみかけなくなりましたよね~。
今の子は、丁度バブル時代に生まれた子が多いので、「もったいない」
と言う言葉すら知らないんじゃないかな?

まだ充分使えるのに捨ててしまったり、飽きたからって捨ててしまったり・・・。

先日あるCMで、カボチャを男性が一個買おうとしたら、女性が1/4個でいいの
よと言うのを放映していました。「だから男性はダメなのよ~」と女性が言うの。
それを見ていて違和感があったんですよね、σ(^_^)

1個買うと安い。でも、1個も必要じゃないから1/4個で充分だと・・・。
Pはそう思わないんですよね。安い1個を買って、煮物、スープ、天ぷらと
色々な料理に使えるし、冷凍庫で保存すれば日持ちもする。結局徳じゃない
かって思うわけです。暮らしにはやっぱり<工夫>と言うのが必要です。
女性も最近は忙しくなってしまって、<工夫>よりも手っ取り早さを重視する
ようになったのでしょうか???

「捨てるには勿体無いから、工夫して使いましょう」

そう言うのも、これからは必要じゃないでしょうか。物が有り余っている時代
じゃ無くなって来ているのだから。再利用も必要だけど、捨てないのも必要
かも知れない。

で、思うんですけど・・・スーパーの品物って、柚子1個買うにも、トレーに
乗っかってて、ご丁寧にラップが掛けられていて、値札まで貼ってある。
これって、必要なんでしょうかね?買って帰って、それらがまたゴミとして
出されるわけでして・・・再生されるとは言っても、不必要なんじゃない???

日本古来からの「もったいない」と言う言葉。もう一度考えてみる価値がある
のではないかと、思った次第であります。(^^ゞ

☆今日の画像は・・・<豆菜:トゥチ>根っこを植えておいたら芽が出ました。
これでもう一度お料理出来ます。(笑)
[PR]

by fu-souka | 2005-08-23 21:58 | *風想花(日記)  

<< *どうも開きにくい!! *忙しい一日(^^ゞ >>