*休火山!(爆)

d0034988_20293969.jpg
暗い日陰に見つけた
静かに・・・でも確かに・・・
釣鐘人参は真っ白に 美しく咲く
誰に気づいて欲しいわけでもなく
暗闇に光を放つが如く 真っ白に咲く
そんな小さな釣鐘人参を・・・見つけた

*----*----*----*----*

飛鳥で釣鐘人参を見つけました。光を放つように真っ白に咲いていました。
人は気づかずに通り過ぎてゆく、通り過ぎてゆく・・・・。
それでも、懸命に咲いていたんです。

<誰にも気づいてもらえなくても構わへんやん。それでも頑張ろう♪>

そう言われたような気がした。

<自己満足でええやん♪>

そう言われたような気がした。

今朝、8時過ぎにあの方が迎えに来てくれて、母は実家へ帰りました。
「えらい世話になったな。疲れたやろ。ゆっくり寝えや~」
母がそう言ってくれた。(あの方ではありません・・・)
「何言うてんのん。おばあちゃん一人ぐらい、どぉーって事ないよ。
またおいでな。」

母は手を振ってくれた・・・不自由な右手で。o(*^^*)o

「お月見はどうやった?」あの方に聞かれて、母はとても嬉しそうに、
不自由ながらも、一生懸命楽しかった事、綺麗だった事を言おうとしていた。
「昨日はどこへ連れてってもらった?」と、また聞かれて、母は口ごもった。
母が疲れているだろうという気遣いはなかった・・・。
聞き流そう、聞き流そう、聞き流す・・・(ーー)

今朝、母はお通じがなかったので、その旨をあの方へ伝えた。
お通じがあった日の夜は、下剤は5滴、無い日は10滴・・・。
そう教えてもらったので、それを守っていた。
昨日は、お通じがあったので夜は5滴にしたけど、今朝は無かったので
夜は10滴にしてやって欲しいと・・・。

そしたらあの方「8滴が普通でしょ!」と・・・(@@)
母を預かる時、間違ってはいけないと、二度も聞いたので記憶違いじゃない!
でも、あの方は8滴が普通なのだと言う。それはそれで別に構わない・・・と、
またしても、聞き流そう、聞き流そう、聞き流す・・・・(ーー)

「そうそう、焼肉を食べに行ってきたよね」とPが言った。
すると・・・
「そんなん食べさせるからお通じがないねん!そんな消化の悪い物を
食べさせたから!!」と、あの方・・・・。
聞き流さなきゃ、聞き流さ・・・、聞き流せないぞーーーー!!(ーーメ)

「そんな言い方ってないやんね~!」とだけ・・・・本当は・・・本当は・・・
これでもかーーー!!って言うほど言いたかったぞ!!
いつもあの方は「おばーちゃんにお肉を食べさせたら、何百グラムも
食べるねん。よー食べるわ!!」と言うくせに!?(@@)

あの方を凹ませるなんて、わけないくらい、言う口はあるんです。
でも・・・その後の母の事を考えると言えない、言えない、言えない・・・。

O-さんにその事を伝えたら「言ってやれば良かったのに!そうやって
黙ってしまうと、ストレスを抱えるぞ。そこまで言われて、よう辛抱したな」

うん、ええんです。飛鳥で釣鐘人参を見つけたから・・・。
そ、薄暗い所に、ぽっかり灯りが点ったように咲いていた釣鐘人参。
あの方に分かってもらえなくても、母に気持ちが伝わってくれたら、
もうそれだけで、Pは自己満足、ええんですよ。

ひとつだけ、言わせてもらえるなら・・・

「日陰であろうと、どこであろうと、私は私の花を咲かせたる!」

☆今日の画像は・・・その釣鐘人参の花です。ね♪そこだけが
ポッと明るい感じがするでしょ。o(*^^*)o
[PR]

by fu-souka | 2005-09-20 21:11 | *風想花(日記)  

<< *目が痛いよ~(><) *飛鳥光の回廊オフ♪ >>