*変化朝顔~パート2~

d0034988_23405648.jpg
<青打込堺渦浅沢柳葉青采咲牡丹>
あおうちこみさかいうずあさざわやなぎばあおさいさきぼたん

*----*----*----*----*

非常に長い名前の<変化朝顔>が咲きました。
やっと手の届くところに咲いてくれたので、一枚写真を撮影しました。
もっと早朝ならば、花びらもしっかりしていたのでしょうか???
朝も10時になると、花びらがだんだん萎れて行くんですよ。
ほんの僅かな時間だけ咲いてくれる。
やはり、朝顔ですね。(笑)

親木は丸く咲き、出物は撫子のように、先がギザギザに切れ込んで咲くそうです。
だからこれは親木ってことですね。

花びらの先が青くて、筒状の部分が白く抜けたようになるので
この名前になったらしいですが、詳しくは知りません。<(_ _*)>

変化朝顔は、江戸時代に流行したあえて珍しく咲かせるように仕向けた物で、
世界的に見ると、オランダでは1637年に「チューリップ狂時代」と言うのがあり、
こぞって珍しいチューリップを咲かせて、売り買いをしたそうです。
球根1個と、ビール会社一軒を引き換えたとか・・・。凄すぎるーーー!!

日本でもそれと良く似た現象が、この変化朝顔の取引。
非常に高値で取引されたそうですよ~。
色々沢山の種類が作り出されましたが、残念な事に第二次世界大戦で
随分焼き払われてしまったらしく、現存するのは僅かになっています。
種はとても貴重で、お花屋さんでは取り扱っていないようです。

本来なら、もう少し紫がかった青色のようですが・・・・。
我が家のは、ちょっと落ち着いた紺色を色抜けさせたような色合いになっています。
Pはこの色の方が好きですが。(o^-^o) ウフッ
[PR]

by fu-souka | 2006-09-23 23:54 | *Pの小さな庭  

<< *しばらくでした~~<(... *ブドウのツル籠♪ >>