*さくらんぼの実る頃に・・・

d0034988_2073634.jpg


さくらんぼの実が色づきました。
昨年、伸びた枝を随分沢山切ってしまったから、今年はダメかな~って
思っていました。でも、春に沢山の花が咲いてくれて、今年もさくらんぼが
たわわに実ってくれました。O-さんは、ここのところ庭に出ては、さくらん
ぼを採って食べています。「まだ完全に熟してないわよ」って言うのに、
O-さんは、パクパク食べながら、私の口の中にも入れに来るのです。
完全に赤くなっていなくても、あっさりとしていて、それはそれで美味しい
のだけれど、私としては、もう2日ほど置いてからの方がいいかな~って。

3年ほど前、収穫を間近に控えていた夜、一晩で全てのさくらんぼが消え
てしまった事があって・・・あの時はショックでした。鳥ではないですよね。
夜にエサをついばむ鳥なんていやしませんから。。。

「さくらんぼの実る頃」という歌をご存知でしょうか?

シャンソンなのですが、曲名をご存知なくとも、宮崎アニメの「紅の豚」で
マダム・ジーナがお店で歌っている歌だと言えば、聞き覚えがあるかも
知れませんね。とても素敵な歌です。<恋の痛手>を歌った歌ですが、
この最後の歌詞が好きなんです。

   私はいつまでも桜んぼの実る頃を愛する
   あの時から この心には
   開いたままの傷がある
   幸運の女神が私に与えられても
   この傷を癒すことはできないでしょう
   いつまでも桜んぼの実る頃を愛する
   そして 心のなかのあの思い出も

マダム・ジーナはポルコを愛していた。でも、彼は彼女を愛しているとは
言わなかった・・・彼女は3度の結婚をするが、その全ての男性を戦争で
失くしてしまう。彼女は賭けをした・・・自分自身の心と・・・。
もし彼が太陽の下、彼女の庭に来たら、今度こそ彼を愛そうと思った。
本当は、ずっと彼の事が好きだったんだろうな~。彼女が初めて愛した
人が彼だったんじゃないかって思う。この歌詞を読むと、彼女がなぜこの
歌を歌っていたか判った気がする。その後の二人を映画は描いていない。
そのままだったのかも知れないし、一緒に暮らしたかも知れない・・・。
でも、どちらにしても、二人が愛し合っているって事だけは判る。
結婚しなくとも、さくらんぼの実る頃、さくらんぼの木下で、昔話が出来る
相手がいるって、素敵ですよね。いくつになっても。(o^-^o) ウフッ

☆今日の画像は・・・我が家のさくらんぼでっす。(〃∇〃) てれっ☆
[PR]

by fu-souka | 2005-05-04 20:38 | *風想花(日記)  

<< *朝は...ミント・ティー♪ 送れるかな~。(ρ.-) >>