*Oーさん、遭難する!?

d0034988_19543494.jpg
22日、O-さんは会社の忘年会&送別会へと行きました。
P&パンダは、P車に荷物を満載して風菫の里へとれっつらごー♪
忘年会&送別会が終わったら、電車で里へ来ると言うのでPは
里の家で待機しつつ、薪暖炉で暖まっていました。

そこへ・・・

「もう風菫の駅に着いたよ~♪」と、ご機嫌のO-さんから携帯電話あり。
「迎えに行こうか?」と問うと「歩いて帰るからいいよ~ん」と返答あり。。。

しかし大丈夫なのかねぇ・・・初めて駅から歩いて来るのだし、
夜の8時と言えば、あたりは暗闇、

そして、そして・・・

何よりも、O-さんは極度の方向音痴!!
不安はあるものの、迎えに来なくても良いというからそのままにしてました。

しかし、待てど暮らせどO-さんは帰宅せず・・・。
駅からゆっくり歩いても30分も掛からない距離だよ~(@@;)
1時間をとっくに過ぎた頃、Pの携帯がまたもや鳴った。

「おーーい!俺、どこにいてるかわからんーーー!!」

┐(-。ー;)┌ヤレヤレ・・・やっぱり遭難してる・・・。
しかし、極度方向音痴のO-さん、自分がどこにいるかわからないとなると
迎えに行くのは至極難しい。。。どうする、P!!

「とりあえず、電車が通ったら、それを目印に電車の通っている
線路近くまで歩いて行って!!」それだけを言ってP車を出す。

電車の線路を車で駅近くまで行き、ほとんどカンで走るP。
いや~見つけましたよ、真っ黒闇に真っ黒な覆面&帽子を被ったO-さん。
怪しいとしか言いようがないその風貌・・・。
無事救出をして、車の中でPは吼えまくったのであります!!

「車で何度も通っている道なのに、いくら暗闇だからって遭難するか!?」
「川の音を頼りに行くつもりが、川の音が聞こえんかった・・・」

まるで子供やん・・・┐(-。ー;)┌ヤレヤレ

翌朝、O-さんを連れて駅へと歩いて向かった。
どこでどう間違ったのか・・・答えは見つかりません。
だって、極度方向音痴ですもん、行った道を覚えているわけがありませんから。

その代わりに、川のほとりに<芹>が沢山芽を出している場所を見つけました。
来年のお正月、その芹をもらっておすましを作ろうと思っています♪
たまには良い事もあるのね~方向音痴のO-さん。(爆)
[PR]

by fu-souka | 2006-12-24 20:11 | *風菫の里にて*  

<< *ありがとう~*^^* *訃報が相次ぎます・・・(ノ_・。) >>