* 眠たい・・・

d0034988_16301598.jpg
昨夜、風菫の里から戻って来ました。ただいま~(^0^)/

夜中に、酸素不足に陥って、酸素が体に取り込めない状態に
「こ・こ・これで終わりか~~」と、焦るよりも諦めの境地になる。
「死ぬって、こんなに苦しいのね・・・」と、助けを呼べどこえにならず

ふとした瞬間、すぅ~っと空気が入ってくれて・・・正直助かったよ~。

朝は5時過ぎに起床
三男のたけさんが運動会で、遠方へ・・・。
お弁当を作って、送り出し、Pも支度をして運動会へ♪

父兄会の役員をしているためですが<お弁当が出る>の一文字に
俄然元気が出て、参加表明をしてしまった手前
行かないって~わけには行かず・・・

地下鉄で行こうかと歩き出したら、JR駅の近くまで行くバスを発見
バス停まで戻って、バスに乗り、あと1停留所って時に
「時間調整で4分間停車します~」とのアナウンス!!
「ΣΣ( ̄◇ ̄;)げ!4分も停まるんですか?すみません、降ろして~」

JR駅を求めて1停留所を走る・・・。
改札をくぐり、ホームに入った途端
「え~今日は線路の点検をしております。間引き運転で15分遅れております~」
ΣΣ( ̄◇ ̄;)げ!ここでも足止め
来た電車は満員御礼・・・でも、お陰で立ちながら眠れた(^0^)v

環状線に乗り換えるために、ホームを歩いていると
「申し訳ございません、ただ今3分遅れでございます~」
ΣΣ( ̄◇ ̄;)げ!ここでも足止め

通勤時間の環状線は、殺人的な混雑
プッシューと言う音と共にドアがしまる・・・はずだったが
アホな男(呼び捨てごめん)が、片手片足を挟まれている

しかも
Pの目の前である。思わず「アホちゃうん」と、叫んでしまった。
だって、だって・・・わざと挟まれるようにしてたし、
手にはエロ本握ってたし、怪しい笑顔だったし
駅員さん、そのアホ男を電車に乗せなかったのが、せめてもの救い

さてさて、あれこれ乗りついで、運動会が開催される某所へ到着。
高校生の運動会って、もっとダラダラとうるさくって、やる気が無いと思ってたら
みんなメッチャ真剣に頑張ってたし、力いっぱい走ってたし
えらいな~って思った。
今時の子って、冷めた感じの子が多いと思ってたけど、あれは間違いね

なのにこの母、競技を見ずして爆睡
「えらいお疲れやね」
と、副会長の冷たいお言葉にも、反論出来ず、またもや爆睡

すみません
競技中、大きな声で違う話をするよりは、寝てる方がずーーーっとマシだって思ったのですが
え?それって違います???

気がつけばお弁当の時間・・・。
学校から役員にお弁当が支給される事になっていて、
Pはルンルンと座席に・・・ΣΣ( ̄◇ ̄;)げ!Pの席にお弁当がない
これは一大事この為に来たのに~~

校長先生に「すみません、その隣のお弁当、頂いても宜しいです?」
と、口が勝手に(うそ~)そう告げていました。

それからと言うもの、校長先生、Pの顔を見るなり最敬礼されます。
σ(^_^)、別に人畜無害ですよ~お弁当さえ頂けたらvv

今日はどうも<三隣亡>だった気がする。

家に帰って、せっせと種を仕分け・・・。
やっとここで和める時間が出来たって感じです

明日はまた、2日間の食事の支度をして
夜中から風菫の里へ行きます。
今度こそ、ローズガーデンに着手したいものです。(><)
[PR]

by fu-souka | 2007-10-05 16:26 | *風想花(日記)  

<< * 秋雨・・・ * 紫陽花のワイヤリング >>