* 手術ねぇ・・・

d0034988_23314091.jpg
お正月頃から、舌の先にプッツリと出来物。

普段はあまり気にならないんだけど、
食べ過ぎると途端に腫れて痛む

ネットで調べると・・・白っぽい腫れは<舌癌>ってことで
チョイと気になりだした。

本当は今日、友人と一緒に高取城址へお雛様を見物に行く予定。

昨日、主人の伯母が老人ホームでトイレに行こうとして大腿部を骨折
今日は緊急手術だって言うので、姑さんは付き添いに行き
年齢が年齢(90歳)なので、私は自宅待機していました。

しかし・・・お昼を食べた頃から、また舌先が痛い。
昼食食べすぎか???
いや、これはきっと癌が今度は舌に転移したに違いない
携帯鏡で見ると、やっぱり白っぽい・・・

留守番はパンダに任せ、すぐ近くの耳鼻咽喉科へ
かねてからの、鼻の中のポリープの検査もあるし・・・。
午前の診察終了間際の滑り込みセーフ
「遅くからごめんなさいねぇ~」と、一言添えてvv

結局、良性の潰瘍(皮膚・粘膜などの表層がただれている状態)と言う事で
舌の事は一件落着~

が、しかし・・・

鼻の左右のポリープに加え、目と目の間の奥にもまた一つポリープ発見。
両頬の窪みの下の部分のレントゲンに真白な陰あり。

「大きな病院なら1週間の入院で、内視鏡を鼻から入れて骨を削って
空洞を広げて、ポリープを外に出す方法をとります。局部麻酔が一般的
になっていて、最近はそんなに痛みはありません。ただ、ガリガリ~って
骨を削る振動と音は聞こえますねぇ~確かに。アハハハ」

「・・・・・・・・・・・・」

「先生、私、全身麻酔が良いんですけど。ガリガリなんて嫌やしぃ」

「大きな病院なら、局部か全身か選ばせてもらえるみたいですよ♪」

「・・・・・・・・・・・・」

「先生、ちょーーーっと相談して来ますので、それからにぃ~vv」

結局の話し、両頬の空洞部分の下に影が出てるってことは
明らかにアレルギー(私の場合喘息)から来る物で
手術しても再発する恐れは充分ありえる。
ポリープが散って、今以上に酷くなる事もありえると言う話。
そんなので手術は・・・やっぱなぁ~

「今現在、別にどーってことないんですか?」

「え?あの・・・無味無臭の世界なんですけど・・・」

「あ、それは神経があっぱくされてますからね、鼻の神経は繊細で
 一ヶ月匂いを感じなければ、普通神経は死ぬんです。」

「でも、時々・・・めっちゃたまに一瞬だけ香りがわかるんです」

「へぇ~珍しい。じゃぁ、神経は生きてるんですね・・・へぇ~
 じゃ~やってみますか、手術。もしかすると香りが戻るかもよ」

「・・・・・・・・・・・・・」

「また家族と相談しますので・・・それからに・・・」

そうお願いして家に戻った。

やっと夜、姑さんから電話あり。

「ここに着いてんけど・・・」(ここってどこ?)

「あ~●●診療所の前やがな!」(知らんっちゅーねん!)

P:「じゃ~5丁目やね、おばあちゃん」

「違うがな、ここや言うてるやん。ここ、●●診療所の前!」

P:「●●診療所って、5丁目でしょ!」(だんだんイライラつのる)

「違うがな、いつも行ってる●●診療所やがな」(いつも行ってる?)

「おばあちゃん、●●接骨院違うんかいな!」(この時点でトサカにきてるP)

「あ、せやったな、ここまで帰ってるから、針してもらって帰るわ♪」

はいはい・・・ど~ぞど~ぞ・・・ご勝手に。(><)

姑さんが戻って来て、夕食を食べながら・・・

「おばあちゃん、伯母さんどうだったの?」(聞くまで言わない・・・)

「え?あぁ・・・明日・・・明後日手術やて」

「え????」(今日って言ってたやん!だから自宅待機してたのに)

「明日・・・明後日・・・また(家を)早よ出な・・・」

明日とか明後日とかって・・・明後日ってすんなり言えんのかい
今日一日自宅待機してたのは、一体何の為ざんす???
ってことは・・・明後日も自宅待機ですかい、私

お願いだから、ちゃんと話は通じるようにしてね

ご近所からイチゴを頂いたので、ジャムを作りましたvv
裏の叔母からいかなごの生を頂いたので、いかなごのくぎ煮を作りました。
キムチがそろそろ無くなって来たので、キムチを仕込みました。
コミュの種を整理して・・・。

な~んか疲れた一日

自宅待機だったので、髪の毛を自分でカット

「万年パーマやから、ええわな」(それを言うなら天然パーマですから)

って、ええことありません
私だって、美容院でカットして欲しいですよぅ

やっぱり今日は疲れてます、私。(o_ _)oバタッ
[PR]

by fu-souka | 2008-03-11 23:32 | *風想花(日記)  

<< * 春だね~* +Spring Ephemer... >>