* 久しぶりの怒り!!

d0034988_16113858.jpg
今朝の新聞記事に、公立高校の授業料未納の話が掲載されていた。
子供の教育費・・・塾へつぎ込む費用は削らないのに
一番大切であろう学校の授業料を削る親が増えている。

「クラブの費用を払ったので、授業料が払えない」

は?
クラブが授業よりも大切なわけ???

確かに、長引く不況やリストラなど親の都合により
高校を退学せざる終えない学生もいるだろう。
年間12万円弱・・・って事は、月平均1万円でしょ?
学生自身、アルバイトしたって出せるんじゃない?
と、思うのは私だけだろうか・・・。

給食費を払わない親も多い。

「義務教育だから、給食費もただにすべき」

と言うのが一番多い回答らしい。
給食費を払わずに海外旅行している人も中にはいるらしい・・・。

なんだか社会のモラルの低下が著しく思えて仕方が無い。

で・・・何を言いたいのか・・・

先日、私の留守中にY新聞の集金が来て、家人が代わりに支払った。
家に戻った時、確かに領収書と新聞袋があったが、
隔月に配られるはずの<ガーデニング>の小冊子がなかった。

たまたま何かの都合で、ガーデニングの小冊子が入っていたのが昨年の12月だったか。
2月には入っていなかったので、集金のおばちゃんに入れてくれるように頼んでその時はもらえた。
隔月だと言うことで、順番からすると今月入る予定のはず。

みなさんはもう承知して下さっていると思いますが、
私はガーデニングが趣味で、この小冊子も楽しみにしていました。
今月は入るだろうと、o(^^o)(o^^)oワクワク していたのに・・・入らなかった。

地域の配達所へ電話をしてみた。

P:「すみません。先日、留守中に集金に来て下さったのですが、
   その時にガーデニングの小冊子が入ってなかったので、ありましたら
   頂けませんでしょうか?」

新聞屋:「あ~、すみませ~ん、調べて届けるようにいいます」

と言う話で、その日の夕方、確かに届きました。
しかし、届いたのは2月と同じ小冊子・・・。

P:「すみません、ガーデニングの小冊子の件ですが、確かに届けて
   下さったのですが、あれは前回の分で、今月のではありませんが」
新聞屋:「あれ?そうですか?間違って届けたのかも・・・調べます」

それから暫くして、男性の方(今までの対応は女性)から電話があり

新聞屋:「すんませんな~、今まで隔月ってなってましたけど
   最近いつ入るかまちまちでぇ~次回はいつかわかりませんね」

P:「しかし、小冊子には隔月発行となっていますよ。」

新聞屋:「あ~最近は違うんですわ」

P:「え?なら、最初にそう言って下さったらどうですか?
   他の人がそれを知らないって言うのは不思議じゃないですか?
   私、2度も電話しているんですよ。おかしいじゃないですか?」

新聞屋:「いや、ですからね、いつ入るかわからないので」

P:「あ、そうですか。それじゃ~結構です。」

調べましたよ。合点が行きませんもの。
Y新聞と言えば、日本で一番大きな新聞社です。
あまりにも対応の悪さに、さすがの私も頭にきましたからね・・・。

いえ、いいんですよ。
人数分無くて、私の分が無いのであれば、それはそれで構わないんです。
別にその分で金銭のやりとりは無いわけですしね・・・。
しかし、気分の問題ですやん。
男性の対応が、あまりにも横柄だったので、ムカッときたわけです。

で、HPでY新聞の小冊子を発行している会社を突き止め電話をしてみた。
その会社はY新聞の中にあった・・・。

P:「Y新聞さんで配られているガーデニングの小冊子の件でお電話させて頂いております。
   ご担当の方はいらっしゃいますでしょうか?」

Y新聞:「え~?あ~?ちょ~っと待ってくださいよ~」オルゴールの音になる・・・

え?あの天下のY新聞に電話しててこの態度???驚きました。
一瞬耳を疑いました。
私、間違い電話してるんじゃないですよね???

Y新聞:「え~もしもし?どんなご用件ですか?」

P:「そちらY新聞さんですか?」

Y新聞:「そうですよ。(憮然としている)」

P:「そちらでガーデニングの小冊子を配っておられると思いますが
  その件でお電話させて頂きました。あの小冊子は隔月の発行でしょうか?
   ガーデニングの小冊子をとても楽しみにしている者ですが、販売店
  に聞きましたところ、いつ発行しているかわからないと言う返事だったので・・・」

Y新聞:「あ~、担当者に電話させますんで、お電話すみませんが~」

電話番号を告げて電話を切った。

それから小一時間・・・やっと電話が掛かってきた。

Y新聞:「大変お待たせ致しました。Y新聞情報開発の担当者です。
    ガーデニングの小冊子のお尋ねの件ですが・・・」

やっと話しの出来そうな人だvv

Y新聞情報開発:「ガーデニングの小冊子は、確かに隔月発行で、前回は2月で
    最新号は今月みなさんにお配りさせて頂くことになっております。」

P:「配達店では、以前は隔月でしたが、最近はいつ発行されるかわからないので配れないと言われました。
   確かに隔月で、しかも、今月配る月で間違いありませんね?
   念を押すようで申し訳ありませんが、間違いありませんね?」

Y新聞情報開発:「はい、間違いございません」

くっそーーー!!新聞屋のおっさん、ウソをつきやがったーー

と、尚一層頭にきたP。すぐさま販売店に電話する。

P:「もしもし」

Y新聞屋:「あ~すんまへん、ガーデニングの本のことですね~」

P:「ガーデニングの本、確かに今月配る事になっているそうですよ。
  本社に電話して確認してあります。どうしてそんな見えすぎたウソ
   を平然と言うんですか?足りなかったら足りないで、別に良かったんですよ。
   次回にまた入れてくだされば、それで納得したのに、ウソを言う
   その根性が気に食わない。今月末で入れるのを辞めて下さい。
   もうそちらを信用出来ません。」

で、昨日、ガーデニングの最新号と手紙が入っていました。

「いつもお世話になっております。昨日電話頂きましたガーデニングの本の件にて
 当店紛失しておりました為、まちがえたお返事をしてしまい大変ご迷惑
 をかけ申し訳ございませんでした。近隣のYセンターより取り寄せ
 お届け致しました。長い間のご購読大変ありがとうございます。」

何かおかしくないですか?

<紛失しておりました為>って、なに???

まだウソを・・・アホに付ける薬は無いな・・・見捨てるか。

で、今日、その店長が来ました。
電話の人でした。
人の目を見ない、空を見て話をする人でした。
どうやら、私と話をしたいのではなく、空と話をしたいのね・・・。

なるほど・・・こんな人ではダメだね・・・。

「一言お詫びをと思いまして・・・いや、実はあれはね・・・」

もうすでに私の話しを聞かず、一方的に自分が正しいと主張したがった。

「あのね、今私が話をしているんです。人の話はちゃんと聞きなさい!」

年上であろう男性に、私は怒った。

「人が話をしている時に、自分の事を主張して言葉を遮るとは無礼です。
 もっと人の言う事に耳を傾けなさい。いいですか、良く聞いてくださいね。
 私は、無い物をくれとは言っていません。無いのであれば、それはそれで構わないんです。
 そこであなたが隔月じゃなくなっていて、まだ発行されてないし、次回
 いつ発行されるかわからないと言う返事をしたから、おかしいと思って調べたんです。
 Y新聞さんとは長年のお付き合いです。オマケを催促した事もありませんしね。
 なのに、あのガーデニングの小冊子を頂いたのは今年に入ってからです。
 もう30号、今月を入れると31号発行されているのに、どうして今までうちには
 届かなかったんでしょう?」

Y新聞屋:「あれは、欲しいという人に差し上げています」

P:「私は一度もそんな話を聞かれませんでしたよ。見た事もない小冊子を
  どうして下さいなどと言えるわけ?」

Y新聞屋:「それは、新しく購読してくれた人にはこんなのもありますが~と言ってます」

P:「なるほど、じゃぁ、私は長くY新聞を取りすぎていたから言ってもらえなかった訳ですね」

Y新聞屋:「そうとられても仕方ないです・・・甘えてました」

P:「なるほど、わかりました。もう結構です。今日で止めて下さい。はい、ありがとうございました。」

Y新聞屋:「・・・ありがとうございました・・・」

これが一部始終です。

たかが一言、されど一言・・・顔(表情)が見えない電話だから
尚更気をつけなければなりません。
末端とは言え大会社であるY新聞じゃありませんか。
お客に横柄な態度では、品位を疑われますよ。
どんな些細な用件であろうと、相手が単なる主婦であろうと
最善の態度で接するのが大人ではないでしょうか。

私、わがままを言いました?
もしかして、私のモラルの低下ですか?
[PR]

by fu-souka | 2008-04-30 16:20 | *風想花(日記)  

<< * 大和国吉野~龍門寺~探訪オフ♪ *チューリップ狂奏曲 >>