*ホームにて・・・

懐かしい記憶が 突然前触れもなく 訪れ

勝手に心の中を一杯にしてしまう

倉庫の中のように薄暗いホーム

北国行きのホームに新聞紙を広げて座り
大きな握り飯を頬張るおばあちゃんたち

お国訛りが まるで外国の言葉に聞こえる

手には 網に入れられた氷みかん5個と
塩付きのゆで卵

故郷を持たない今の私がそこにいた

d0034988_11465686.jpg

私には故郷と呼べる場所がありません。
主人もそうです。

だから遠い記憶の中に存在する田舎の風景に
強い憧れを抱いています。

夏休みや冬休み
学校の友達は、両親の故郷へ行くのだってはしゃいでいたけど
私には行ける場所がなかった。

小さな頃の記憶の中に
父の故郷、東北の福島の田舎があり

一面のトウモロコシ畑と太陽の光を
私は今でもしっかり覚えていて
私の中の<故郷>の定位置に収まっています。

父の生家には肢体不自由な双子がいて
いつも囲炉裏の側で座って出迎えてくれました。

とても気の良い人たちで
私が行くと民謡を歌ってくれたんですよ。
それがまた上手いの。(笑)
呂律は回ってないんですが、雰囲気と言うか
なんとも言えない間合いって言うのか
それが大好きだったんですよ、私。
一人が歌って、もう一人が合いの手を入れる。
絶妙のタイミング。さすが双子だって思った。
二人とも早くに他界してしまって・・・。

今になって考えれば
やっと座っている状態で
きっと一日生きるのもやっとだったんだろうと思うのに
いつも行くと笑顔で声をかけてくれて 
長旅で行ったことを気遣ってくれて・・・。
歌まで歌ってくれるって言うその気持ちが嬉しくてね。
父の故郷であって、私の故郷ではないので
知った人もいない、言葉も上手く通じない
まるで異国のような土地で
彼らの笑顔は言葉に表せない喜びでした。
言葉に出さなくても通じる気持ちってあるんですね。

前が一面のトウモロコシ畑だって言いましたよね。
その畑の中に入らせてもらったの。
そりゃも~嬉しくってね~。
都会育ちでしょ、畑の中で遊ぶなんて経験ないですからね。(笑)

畑に入り、抱えきれないほどのトウモロコシを捥いで帰ると
伯父たちが庭に火をくべて、大きな釜一杯にお湯を沸かしてくれて
茹でたて、もちろん、塩なんか必要ないくらいに甘いのを
お腹一杯食べたのが一等嬉しくて
それ以来、私の大好物は<トウモロコシ>と位置づけられた。
けれど、あれ以来、あんなに美味しいトウモロコシは食べていません。

主人が田舎を手に入れたのは
私の体の事もあるけれど
一番の理由は、息子たちに故郷を持たせてやりたかったのだと思う。
そして私も・・・。

現実、難しいこともあるけれど
なんとかやりながら
老後に向けて歩めたらと考えています。

ヒョンな事から懐かしい私の思いを長々と書いてしまいました。
吐き出せて少し楽になりました。(笑)
最後まで読んで下さりありがとうございます。
そんなこんなで、今の私がやっとココへ戻ってくる事が出来ました。

あのホーム・・・一体どこだったんでしょうね。

画像は、民俗博物館です。
[PR]

by fu-souka | 2008-07-14 11:42 | *風想花(日記)  

<< * それぞれの道 * 帽子の花器♪ >>