+彼岸花・・・

d0034988_1110108.jpg
先日、飛鳥を歩いていると、土から細い茎を出して
彼岸花の蕾が沢山出来かけていました。

彼岸花は、秋のお彼岸の頃に咲く花で
一般には赤・・・たまに白があります。
オレンジやピンクのそっくりさんもありますが
あれはリコリスと言う園芸種になります。

彼岸花には色々な名前があります。

*曼珠沙華(マンジュシャゲ または マンジュシャカ)
*死人花
*幽霊花
*地獄花

など、どうも日本では良いイメージを与えられない名前ばかり。

しかし、お隣の国韓国では<相思華>と言われます。
その由来は、花が咲く頃に葉は出ず、花が終わる頃に葉が出ることから
「葉は花を思い、花は葉を思う」と言われるようになり、この名前が付きました。

「彼岸花より曼珠沙華の方が素敵な呼び名よね~」

そんな話を良く耳にします。
元々、曼珠沙華と言うのは、仏教の梵語<マンジュシャカ>を漢字にあてたもの。
しかし、仏教で言われる曼珠沙華と言う花は、白くて清らかな柔らかい花とされ
彼岸花の姿とは似ても似つかないのが不思議です。(笑)

学名は<Lycoris radiata>
この Lycoris:リコリス とは、ギリシャ神話の海の精の一人(Lycorias)の名前です。

昔、私の実家の側に流れていた小川の傍に沢山の彼岸花が咲き
とても綺麗で、私は花束のように抱えて家に帰った事がありました。
しかし、それを見た母は怪訝な顔をして
「捨てといで!毒やからあかん!」
って言った事を今でもしっかり記憶しています。
その時、こんな綺麗な花に毒があるのか?と思いましたが・・・。

彼岸花は鱗茎にアルカロイド(リコリン)を多く含む有毒植物。
茎を切った時に出てくる白い液体に毒があったんですね・・・。
食べると吐き下しを起こし、酷い場合神経麻痺から死に至ることもあります。

しかし、戦時中の食糧難の時代、根には豊富なデンプンが含まれているため
毒抜きをして食べたそうですが、毒抜きが不十分だと上記と同じ事になりますので
ここでは毒抜きの方法を書かずにおきますね。(笑)

毒であると同時に、石蒜(せきさん)という生薬名でもあり
利尿や去痰作用があるのですが、民間療法として用いるには怖い植物です。

元々は中国原産のお花で、日本には稲が伝来する時に
一緒に海を渡って来た史前帰化植物といわれています。

三倍体(いわゆる奇形種)なので、種は出来ません。
なのに、なぜ日本全国に広がってしまったのか・・・。

それは、<彼岸花の毒性>に着目されたからです。
飛鳥の棚田など、田畑の畦(あぜ)に沢山この花が咲くのは
田畑の畦にこの花を植えておけば、毒性を嫌ってモグラやネズミなど
有害動物が田畑に入って荒らさないからです。

また、お墓にも咲いていますよね・・・。

それは、昔、死者を葬るすべは、風葬や土葬だった為
虫や動物が死体を荒らさないようにとの思いもあったのでしょう。

それらの事柄で、どうも日本ではあまり良いイメージがないのでしょうね。

万葉集には<いちしの花>として登場しています。
(ただし、人によっては、違う花だろうとも言いますが・・・)

  道の辺の いちしの花の いちしろく
   人皆知りぬ 我が恋妻は   (巻11-2480) 作者:柿本人麻呂

訳:道端のいちしの花(彼岸花)が目立つように、
   私の妻への恋心もみんなに知れ渡ってしまいましたよ。

なんとも素敵な歌ですね。
いちしの花ではありませんが、小倉百人一首にも似た歌があります。

  忍ぶれど 色に出りけり わが恋は
   物や思ふと 人の問ふまで         作者:平兼盛

訳:誰にも言わずに秘めていた私の恋心は、とうとう顔に出てしまったのか
   「恋をしているだろう」と、人が問うまでになってしまった。

彼岸花が咲いているのを目にした時、
そんな話があったっけな~♪と、思って頂けたら幸いです。
[PR]

by fu-souka | 2008-09-15 11:10 | *キラリと雑学♪  

<< * 秋収穫カレー +飛鳥検定を終えて・・・ >>