*一華開五葉

d0034988_10333249.jpg
【 一華開五葉 】

<いちげごようをひらく>と読みます。

簡単に言えば・・・

「一輪の花は、五弁の花びらを開いて咲く」

花って、花びらを開いて咲き(例外はありますが)実を結ぶ。
人も、五つの心をちゃんと持たなければ、次の世代に継承出来ない。

その五つの心とは何ぞや?

1.円満な心
2.平等に拝める心
3.確かに観察出来る心
4.他の人のために尽くせる心
5.素直な心

そう、私は思います。
仏教では、また多少表現が違っていますが・・・。
(心ではなく智恵なのだと)

私はあまり<智恵>がありませんので
智恵が足りない分<心>で補わねばと、智恵ではなく<心>とします。

簡単そうに見えて、その実、とても難しいのが心ですね。

どんなに相手を思って行動しても
なかなか相手には素直に受け取ってもらえない事も・・・
いや、その方が多いか?(笑)

反対もありますね。

どんなに私を思って言って下さっていても
私が聞く耳を持てないならば・・・それは何も意味を持ちません。
苦言こそ教師だと思いますし。
自分の気づかない部分を
あえて言って下さる事に、感謝せねばなりません。

父は生前こんな事を教えてくれました。
「どんな人間でも、一つぐらいは良い事を教えてくれる」
反面教師と言う言葉がありますが、今回まさしく反面教師。
良いことばかりが教師ではなく、
悪い事を気づかせてくれるのも教師だと言うことですね。

日々、良い事の積み重ねがつくづく必要なのだと思い知らされました。

「相手の身になって考える」

これが非常に大切ですね。
相手を自分と入れ替えて考えてみれば
なんら問題はない。

はぁ~やっと一つ山を越せました。

皆さんからの沢山の言葉に、感謝です。m(_ _)m ペコリ
[PR]

by fu-souka | 2009-01-14 10:33 | *キラリと雑学♪  

<< *韓国のお菓子♪ *一件落着vv >>