2009年 12月 03日 ( 1 )

 

*風鳴り~vv

d0034988_164196.jpg
冬の植物が処分品の所に山積みにされていたんです。

ベゴニアとかパンジーとか。

パンジーは森の家に置いてきましたが
ベゴニア2種類は大阪へ持ち帰って来ました。
ベゴニアは室内に置かないと霜が降りたら傷むんですよ。

小さなポット苗ですが、伸びちゃっていたので
少し剪定してやりました。
それが3日前。

d0034988_16413992.jpg

小さな葉っぱが下から出て来ました。

ベゴニアは、とても丈夫な植物ですが
冬の戸外では枯れたりするので
注意が必要だったりします。

大阪は真冬でも雪がほとんど降りませんので
戸外でも越冬は可能です。

パンジーやビオラは、森の家の戸外でも
充分に越冬が可能で
日当たりさえ良くしてあげれば
真冬でも咲いてくれたりします。

12ポット苗を600円で購入。
まだまだ元気に花を咲かせています。
来週あたり切り戻してやろうと考えながら眺めていました。
余力がある間に切り戻して肥料を与えてあげると
来春まで綺麗に咲いて楽しませてくれます。

d0034988_1642630.jpg

森の家・・・晴れた日の日中は、暖房がいらないくらい暖かです。

山の日暮れはとても早く
午後3時を過ぎると
日が沈みかけます。

すると、途端に気温が下がり始め
畑仕事も「そろそろ終わりですよ~」の合図になります。(笑)

夜はもう限りなく0℃近くになり
外に出ると
寒いんじゃなく
痛くなり始めます。

それでも
凛と張り詰めた空気は冴え冴えとしていて
私はとても好きなんですよ。

薪ストーブに火をくべると
温もりが手、胸、顔・・・と徐々に伝わって来て
ほっこりと和む夕べ。

<風菫(かざすみれ)>と名前を付けた里は
やはり今年も風が沢山吹き
風鳴りをしきりと鳴らして
庭を通り過ぎて
どこかへ飛んで行きます。

もしかすると

我が庭を通り過ぎて駆け抜けた<風>は
あなたの里に向かって
大急ぎで駆けて行ったのかも知れませんね。

冬の寒さを倍増させる風鳴りは
寂しさをも倍増させる・・・
私はそう思ってきましたが

今では、部屋の暖かさを
この上なく幸せに感じさせてくれると
私はそう思わずにはいられません。

暖かさは、幸せのシンボル

今年の冬も
この暖かさを頂ける事に感謝します。

O-さんが
「この風景を撮影しといて」
と言った裏庭から見える山の紅葉をペッタンしますvv
[PR]

by fu-souka | 2009-12-03 16:42 | *Pの小さな庭