カテゴリ:*ハーブ小話vv( 23 )

 

*ギシギシ♪

d0034988_22463854.jpg
【ギシギシ】 タデ科 ギシギシ属

生薬名・・・羊蹄根(ようていこん)

田畑に行くとあぜ道など湿った所に生えている植物で
手のひらぐらいの大きな葉が一箇所からギッシリ生えています。

*根は大黄やセンナと同じようにアントラキノン類を含み、緩下(かんげ)剤として用いられています。

*外用薬根を砕いて、しぼり汁を、皮膚病全般
(水虫、いんきんたむし、ぜにたむし、だだれ、)に塗布します。

*根の粉末を、酢か焼酎で練って塗布します。

*生の根の、しぼり汁とゴマ油と混ぜて耳中につけると、耳痛に効き
 脱毛症には患部に塗っても効果あり。

*若芽は食用となりますが、シュウ酸があるので生食しないように!!
 さっと茹でて、水で晒し、調理します。

茹でて水に晒したのを、そのまま食べてみました。
やはり酸味があるので、シュウ酸が含まれているがわかります。

どうせ酸味があるのだから・・・と、半ば開き直って
<ギシギシの酢味噌和え>にしました。
辛子があれば、辛子酢味噌にすると、もっと美味しいだろうと想像出来ます。(笑)
d0034988_2247655.jpg

ヌメリがあるんですよ。
オクラとか、メカブのような感じの。

だから、採りに行く時は、手袋をして、ハサミで切ると良いです。
そうしないと・・・手にネバリの幕が張ったように始末が悪い。

「ギシギシを食べてみたよ」
って、友人に話したら
「そんなに採れないでしょ」
と言われた。

あらあら、そこら中に生えているのに。(笑)

d0034988_2247353.jpg

株の中心に、ツンとした物がありますが
それが若芽です。これを採ってくるんですよvv
大きいから、4~5本も採れば充分一回分食べられます。(笑)

一昨日の両槻会特別回~忍坂街道探検~オフレポはここをクリックして下さいvv
[PR]

by fu-souka | 2009-04-20 22:46 | *ハーブ小話vv  

*12月の予定。。。

d0034988_11353044.jpg
12月・・・例年なら、あまり予定はなく
毎日せっせと大掃除をしているであろうこの月。
今年は予定が目白押し
どーすんだ???です。

今年の年末年始・・・どこで過ごせるんだろう・・・。
大阪か?それとも、風菫か?
願わくば、こんな忙しい時に、来客がありませんように
ってか、たまには「お正月遊びにおいで~」なんて声かからんか

今日は忘年会。。。(o^^o) ウフ

その前に、片付けること山積み

万葉集に出てくる植物の逆引き辞典出来上がりました~
次は、木簡の生薬リストから、古代の漢方薬を探って行きます。
すると・・・その時代、どんな病気があったのか・・・などが解ります。

漢方薬って、古代も現代も、さほど変わっていないんです。
煎じ薬が錠剤になったり、カプセルになったりしているぐらいなもんで
中身って、そんなに違わないんですよね・・・たぶん。

表示が面白いんです。
<味>であったり、熱い冷たいなどの<温度的なもの>だったり。(笑)
それらが上手く利用されてて、薬草の表示をみれば一目瞭然になっています。

大学の薬草園で味見をした植物の中で
私が一番苦手だったのは・・・・ステビア

ステビアって、甘味料として利用されていますよね。
葉っぱを食べると、本当に甘い非常に甘い
しかし・・・その甘さがなんともスッキリしていない
いつまでも口の中が甘くて、苦くて、渋くて・・・(オイオイ
こりゃ~敵いません。

キハダと言う木があります。
そのキハダは、木の皮を剥くと黄色いんです。
これも生薬なのですが、これ・・・苦いんです。
どんな苦味かと言うと、風邪の頓服のような苦さ。
でもね、私、ステビアならキハダの苦味の方がスッキリしてて好きなんです。
苦いのは苦手ですが、このキハダの苦味って、スッキリ潔い。
え?良くわからないですか?アハハ

「漢方薬だから、副作用はないのよ~」なんて思ってませんか?

これ・・・間違いですよ。
副作用、あります
化学薬品と違って、薬害とかではありません。
症状が強く現れていないのに、強い漢方薬を飲むと、一時的に悪化する事があります。
それと・・・体内の悪いもの(毒素)などを排出させるために
一時的に吹き出物が出たり、下痢したりします。
飲み続けると改善されますが、そこが我慢のしどころって事ですね。
サプリメントでもそうでしょ?
一時的に吹き出物が出来たり、肌荒れや下痢を起こす事がありますが
それらは、体内の悪いものを排出させるために起こること。
悪化なのか、排出なのかを見極める事が少し必要になります。

漢方薬と言うのは、色々な生薬を合わせて処方されますので
飲み合わせがあります。従って、素人は出来ません。

民間薬と言われている物は、高額な漢方薬を買えなかった昔の人が
智恵を絞って、それに代わる物をと考え出した薬草です。
ほぼ1種類で利用されますが、意外と良く効きます

そこのあなた

雑草だから・・・なんて言う前に、調べてみてはいかがですか?
もしかすると、その草は民間薬なのかも知れませんよ。(笑)

どうですか?

そう思えば、草も、なんだか愛しく思えませんか?

薬って、飲むのは面倒だし、苦いのも苦手で、続けられないですよね。
そうじゃなくて、もっと手軽に美味しく食べながら、体も健康になる
なんて方法があったら、素敵でしょ

だから、私はそんな方法を見つけたいと思っています
土と相談、草と相談・・・まだまだ続きそうです。(笑)

画像・・・ステビアの花
[PR]

by fu-souka | 2008-12-02 11:36 | *ハーブ小話vv  

* 安蘭樹ともいふ。。。

d0034988_1273498.jpg
先日、薬草園で頂いた「花梨」を蜂蜜漬けにしましたvv

カリンは・・・花梨・・・と書きます。
別名:安蘭樹(アンランジュ)とも言い、私はこちらの名前の方が好きです。

* バラ科 ボケ属 
* 生薬名:和木瓜(わもっこ)

【成分】
 果糖、ビタミンC、リンゴ酸、クエン酸、タンニン、アミグダリン

【利用】
 果実に含まれるカリンポリフェノールは、風邪や喘息の咳を止め
 のどの炎症を抑える働きがあります。

【注意】
 種に含まれるアミグダリンですが、咳などを止める役割をする反面、
 猛毒のシアン化水素も発生させるので、生食しないように。
 食べる時は、熱を加えて下さいね

【カリン蜂蜜漬けの作り方】

*カリン
*蜂蜜
*お茶パック(袋)

1.カリンは綺麗に洗い、瓶は熱消毒をしておく。

d0034988_1282386.jpg

2.カリンを縦半分に切る(硬い場合は、切りやすいところで切ってね)
 くれぐれも手を切らないようにして下さい。

3.中の種をスプーンで綺麗に取り出し、お茶パックの袋に入れて瓶に入れる。

4.カリンの実は、四等分に切り分けてから、薄切り(5mm程度)にして瓶に入れる。
d0034988_1285112.jpg

5.瓶を蜂蜜で満たし、1~2ヶ月冷暗所で保存しますが、時々上下を逆さまにして
 ガスを抜くか、冷蔵庫で保存して下さい。
 そうしないと、ガスが充満して瓶が割れることがあります。
 また、蜂蜜を少ない目にして、リンゴ酢を加えてやると、ガスの発生がやや抑えられますが
 味は少し劣るようです。

6.1~2ヶ月したら、中身を漉して、冷蔵庫で保存して下さい。

7.お湯やお酒、炭酸などで割って飲むと良いみたいですね。

【雑学】
 ネットで見つけたお話を一つ。(笑)

 庭の表にカリン、裏にカシノキを植えると、商売繁盛になるらしい。
 何故なら「金は貸すが借りない(借りん)」だそうで・・・(笑)

で、本日は、自家製コンニャク芋を使って、コンニャクを作っています。
さて、上手く出来ますかどうか・・・m(_ _)m
[PR]

by fu-souka | 2008-11-19 12:08 | *ハーブ小話vv  

* 食べられるよvv

d0034988_10424336.jpg


・・・コレな~んだ



正解は・・・マロウの葉っぱですvv

私のコミュ<初心者の庭>で、種をもらって下さった方ならお分かりになられますでしょう。

実は、この葉を天ぷらにして食べると、甘くって美味しい
と言う話は以前させて頂きました。

で・・・今回



d0034988_10432629.jpg
これをサッと茹でて、水に晒してから水気を絞り、かつお節とお醤油で和えてみました。
いや~これがねぇ~モロヘイヤのような、トロミがあって美味しい!!
って言うか、クセがない

炒めても美味しいって思うわ~

でね、ハンバーグの付け合せに、お浸しを盛り付けました。
脂っこいハンバーグも、お浸しと食べるとあっさりします


d0034988_10435217.jpg

・・・ナタ豆のこと、覚えておられますか?(最近こればっかり)

以前のは、赤いナタ豆でしたが、今回やっと白いタナ豆の種が出来ました。
なんと 2.7cmもある巨大な豆なんですよ。

白ナタ豆は毒性がほとんどありませんので、餡子にして食べられます。
これは、某薬草園のご好意で手に入れることが出来ました。
ありがたや~(-†-)ア~メン

来年はタナ豆で絶対に福神漬を作るのじゃ~

赤ナタ豆も、そろそろ終盤になりました。
茎を抜いて、葉っぱを乾燥させてやろうと思います。

え? 何を作るんだ???って?

お茶ですよ、お茶

腫れ物によく効くらしくて、私のポリープも無くなるんじゃないか?
と期待してたりして。(笑)
今度風菫に行ったら、是非やってみます
[PR]

by fu-souka | 2008-11-13 10:43 | *ハーブ小話vv  

* ゆず茶♪

d0034988_1575485.jpg
柚子が処分品価格で、大変お安く手に入りましたvv

1袋5個入って150円

4袋買ってしまいました

で・・・ゆず茶にするべく調理しちゃいましたよん

【 ゆず茶 】

*柚子と氷砂糖、同分量用意する。

1.柚子の皮を剥き、皮と中身とを分けます。

2.中身から種を取り除きます。(捨てないでね!!)

3.皮は適当な大きさに切ってから、細切り(千切りぐらい)にします。

4.広口瓶を熱消毒して、柚子の皮と中身と氷砂糖を交互に入れて行きます。

5.時々かき混ぜて1週間漬け込むと出来上がりvv

6.開封したゆず茶容器は醗酵を防ぐため、冷蔵庫で保管してね。

【 飲み方 】

ティースプーン2~3杯カップに入れて、熱湯を注いで飲みます。

その他に、ジャムやヨーグルトに添えたり、ケーキの具にしたり色々使えますvv

d0034988_1581211.jpg


【 ゆず化粧水 】

ゆず茶を作った時に取り出しておいた種は、別の熱消毒した広口瓶に入
れて、種の3倍の量のホワイトリカーに漬け込みます。
1週間したら、化粧水が出来上がります。

柚子には美肌効果、美容効果がありますので、肌がツヤツヤします。

種は3度目まで化粧水を作ることが出来ますので沢山利用して下さいね。


*--*--*--*--*--*--*--*

【 柚子 】ビタミンCがレモンやみかんの4倍。

コラーゲン、クエン酸、ペクチン、カリウム、カルシウムなどが多く含まれ
疲労回復、筋肉痛予防、血圧低下、血糖上昇予防、風邪の予防体を温める働きがあります。

特に、就寝前に飲めば、体の解毒作用に役立ちます。

私は、氷砂糖ではなく、オリゴ糖と三温糖で漬け込みました。
オリゴ糖は腸内有用菌の活性化(ビフィズス菌の栄養源になる)させてくれるので
日本人の体には、ヨーグルトよりも受け入れやすいと聞きました。
沢山摂取しすぎると、下痢になるそうなので、ほどほどに~(笑)
え?チョットは下痢になって、痩せればって?(* ̄m ̄)プッ
[PR]

by fu-souka | 2008-02-06 15:10 | *ハーブ小話vv  

+ 美白・・・!?

d0034988_2202191.jpg
面白い物に目が止まった・・・。

<アロエで美白>

きゃ~(*^^*)ポッ♪
私、首下より顔が黒いんです
以前、IPSA でお肌を調べてもらったら
確実に日焼け
シミも増えてるーーーー(o_ _)oバタッ

調べ物をしていたら
面白い記事を見つけたの。

<材料>
*アロエ・・・2本
*ハチミツ・・小さじ2杯

それだけ・・・。

アロエは庭に植わっている
ハチミツは、いつも化粧水を作るために常備

こりゃ~作るしかないっしょ。(^0^)v

<作り方>

1.アロエの皮を剥いて、中身を包丁でよく叩いて容器に入れる。

2.アロエの上にハチミツをかけて、1時間ほどそのままにする。

3.アロエから液が出てくるので、パック用の紙に吸い取り顔に貼る。

4.しばらく横になってリラックス・・・。

5.紙が乾いたら、顔を洗って終わり。

やってみました・・・。

パック用の紙なんて無いので、キッチンペーパーに吸い取らせ
顔にペッタン・・・・グ・グ・グルジーーーー(o_ _)oバタッ

目と鼻と口の部分に穴を開け忘れて、もうチョットで窒息する所でした!!

大急ぎで穴を開けて、何とか呼吸を確保。(^0^)v

貼った上から指で軽くパッティング・・・
暫くしたら紙が乾いてきます。
やや刺激があるような・・・そんな気もしましたが・・・
普段何も付けてないので、栄養が入ると沁みる???
で、またまたパッティング・・・

洗面所で顔を綺麗に洗って(石鹸はつけません流すだけです)
顔を鏡に映したら・・・・し・し・白い
これは劇的ビフォーアフター(^0^)v

家族みんなに見せて

「どうどう?白くなってない?」

「白くなったと言うか、すっきりした感じ」

きゃ~~~(*^^*)ポッ♪

容器に残った汁に、精製水を足せば、化粧水として使えます。(要冷蔵)

一週間に2度だけパック出来るそうなので、暫く続けてみます。
これで少しでも色素沈着が阻止出来れば最高。(^0^)v

あ、真似なさる方は、体の薄い部分でパッチテストして下さいね。
私、厚顔無恥なので、あまり肌荒れしないタイプなので???って、なにか?
[PR]

by fu-souka | 2008-01-20 22:00 | *ハーブ小話vv  

*芹(せり)の花咲く

d0034988_1015412.jpg
春の七草のひとつ・・・芹(せり)

「芹!?あら、いやだ、あの臭い嫌いなのよね!」

そんな言葉をちょくちょく耳にする。
なんと勿体無い事だろう。

春先、まだ寒い日が続く湿地にあって
緑の
それはそれは綺麗な葉をしっかりと開いた
なんとも美しい姿を見ると
「あ~今年も春になったんだな~」と
心が浮き立つ思いがする。

一握りほどの芹を根の上から摘み取り
火を止める直前の澄まし汁に入れると
ふぁ~っと香気が立つ

その香りごとご馳走だとPは思うのです。

昔、叔母の家にお邪魔すると
夜は必ずと言って良いくらいに<すき焼き>となる
山に嫁に行った叔母は
採れたての分厚い椎茸を切り
畑で採ったばかりの太ネギをざっくりと切り
最後にこの芹を入れてくれた

その時、初めて芹を知った。
噛みごたえは茎がやや筋張った感じだ。
しかし
卵の甘みと芹のほんのり春の苦味が
丁度良い具合に合わさって
上等な味となる

d0034988_10153776.jpg


懐かしい思い出と共に
あの香りがする思いで
花に見惚れる

白くて小さい花の集合体だが
シベはほんのりと桃色で優しい
[PR]

by fu-souka | 2007-07-18 10:15 | *ハーブ小話vv  

*我が愛しのフェンネル♪

d0034988_9142285.jpg
庭に、フェンネルと言うハーブを植えたのは、昨年末の事でした。
キッチンの出窓を開けると、そこに広がるのはハーブガーデン!!
そんな夢を抱いての事・・・。

しかし、現実は・・・すっかりO-さんの好みの畑になってしまいました。
そこで唯一、「ハーブがあるんだぞ!!」と主張してくれているのが
この<フェンネル王>であらせられます~☆。・.

植えて半年・・・その草丈は2m近くに及んでおります。
柿木の根元に、すっくりと・・・とは行かず、倒れそうになっているので
添え木をして、現状維持させています。(笑)

そんな王ですが、今沢山の花を咲かせてくれています。
黄色くて、虫眼鏡で見る!?ってくらい小さな花の集合体。
それをみると、なんとも繊細な王だという事がわかります。(^^;

今、葉の生え変わりの時期なのか、古い大きな葉が下に下にと
倒れてしまうので、スッキリと古い葉を落としてやりました。

イワシを腹開きにして、梅肉を塗り、クルクルと巻いて楊枝で止め、
天ぷらにした物と一緒に、このフェンネル王を添えて・・・。

居候のカンちゃんが、イワシの梅肉揚げと一緒にフェンネル王を
食べると、とても美味しいと言ってくれたのであります。
Pは、香りが判らないので、どうか理解出来ないけれど・・・。

「あ~、今日はフェンネルを知っただけでも、なんか得した気分」

と言ってもらえて、凄く嬉しく思ったのであります。
フェンネルは<魚>ととても良く合うハーブ。
魚と一体化させると、本当に良い香りがするのだそうです。

沢山収穫出来たので、葉っぱをお酢と一緒にガラス瓶に入れて
フェンネル・ビネガーを作りました。
イタリア料理に使うと良さそうね。(^0^)v
[PR]

by fu-souka | 2007-07-05 09:31 | *ハーブ小話vv  

*ブルー・サルビア *。・.

d0034988_22484091.jpg
やや大きめの鉢に・・・

   *ゴールド・クレスト
   *斑入りアイビー
   *ブルー・サルビア

こんなのを寄せ植えしてあります。
花が咲くのは、このブルー・サルビアだけ・・・。
以前は、ベルフラワーも一緒に植えてたんですけど、
ベルフラワーは背丈が小さいので、サルビアで隠れてしまうのよ。
だから、ベルフラワーは抜いて、別のところに移植して育てています。

夏になると、街路樹の下などの植え込みに、
真っ赤なサルビアが咲いてるのをみるけど、
私は、赤色があまり好きじゃなくて、このブルー・サルビアを育てています。

ブルー・サルビアは、非耐寒性のため、越冬が難しいとされていますが、
我が家はもう3年目を過ごしてくれています。別に、手は入れていません。
でも、しっかりと良く育ってくれています。ありがたいです。(^0^)v

一見すると<ラベンダー>に見えます。でも、サルビアです。(笑)

花が一区切り終わったら、一旦草丈を1/3ほど刈り込んで風通しをよくします。
すると、秋に茎が伸びてきて再びきれいな花を咲かせます。

種まきで増やすと言うのだけれど・・・種になったのを見た事ない気がします。
今年は探してみようとo(^^o)(o^^)oワクワク しているのですよ。

香りはありませんし、花数もそんなに多いほうではありませんが、
夏にこのブルーは涼しげで好きなんですよ。(*^^*)ポッ♪

<大阪の小さな庭にて・・・>
[PR]

by fu-souka | 2007-05-23 23:02 | *ハーブ小話vv  

* Rose liqueur ★。・.

d0034988_1956036.jpg


<Rose liqueur>
無農薬で育てた赤いツルバラのペダルで作りました。

  ホワイトリカー
  グラニュー糖
  バラのペダル(花びら)
 
これだけを、瓶に詰め、自家製のラベルに日付を入れる・・・。

3カ月したら漉して花びらを除き、寝かすとまろやかになりますvv
あ、Pは下戸なので飲めません。
飲む為に作ったのではなくて、お菓子の風味付け用です。(^^;
色が綺麗なので、これでゼリーを作ってもよさげ。

氷砂糖が手元になかったので、今日はグラニュー糖で作りました。
グラニュー糖だとすぐに溶けるんですね、やっぱり。(笑)

あ、決してお花屋さんで買ったバラで作らないでね。
無農薬じゃないと怖いですから。

<バラの効能>
  心がブルーな時、気持ちをほぐしてくれる力があります★。・.
[PR]

by fu-souka | 2007-05-17 20:15 | *ハーブ小話vv