<   2008年 07月 ( 17 )   > この月の画像一覧

 

* 梅サワーの梅利用♪

d0034988_11234360.jpg
今年の夏は<梅サワー>で乗り切ろうと
結構沢山作ったつもりでしたが・・・
1瓶使い切りました

先日、ワタシと同じように梅サワーをお作りになった方から

「Pさん、使った梅はどうされるんですか?」

とのご質問があり・・・ジャムでは芸がないので
ちょっと方向を変えて、ゼリーとアイスを作ってみました。

*--**--**--**--**--**--**--**--**--**--*

<梅サワーゼリー>

*梅サワーの梅果肉のみ・・・1カップ
*お砂糖・・・・・・・・・・大さじ2(お好みで結構です)
*お水・・・・・・・・・・・1カップ
*粉ゼラチン・・・・・・・・10g
*お湯・・・・・・・・・・・50cc

1.お湯に粉ゼラチンを入れてふやかしておきます。

2.ミキサーに梅の果肉、お砂糖、お水、1のふやかしたゼラチンを入れ
  果肉がある程度無くなればOK!

3.水で濡らしておいた容器に2を流し込み、冷蔵庫で冷やし固めます。

お砂糖は一度味見をしてから加減して下さい。
  お酢に漬けてあったので、少々酸味が強いですので
  お水の代わりに牛乳を入れる方が、まろやかになるかもvv

*--**--**--**--**--**--**--**--**--**--*
d0034988_11235195.jpg



<梅サワーアイス>

*梅サワーの果肉のみ・・・・1カップ
*牛乳・・・・・・・・・・・1カップ
*生クリーム・・・・・・・・1/2カップ
*お砂糖・・・・・・・・・・大さじ2

1.材料全てミキサーに入れて攪拌し、タッパーに入れて冷凍。

2.固まりだした頃に、時々スプーンかフォークでかき混ぜて
  空気を入れてあげると、ふんわりとしたアイスになります。

これも味を見てくださいね。
  牛乳と生クリームが入っているので、随分まろやかです。
  バニラアイスと一緒に盛り付けると、豪華かもvv

*--**--**--**--**--**--**--**--**--**--*

昨夜、ボクシングの試合を観てたんですが・・・
内藤選手、頑張りましたねぇ~
すごい巻き返しで、一気に盛り上がりました
気持ちが負けてないんでしょうね、きっとね。
劣勢だったのを、ぐっと堪えて巻き返すなんて
カッコイイと思って、優勝を讃えていたのに・・・

なんじゃ???

カメが出て来て、偉そうに
生意気過ぎるんじゃないの~その態度。
高ピー振り、治ってないやん
何様なの、あんた
同じ大阪人として、恥ずかしいったらありませんよ。

忘れ去られるのが怖いのか?
始終劣勢だった内藤の方が、次回の対戦相手の坂○より勝てると思った?

なんともお粗末極まりないね・・・。
それを安易に許していた関係者
こいつらが、一番悪いって思うよ。

最後の最後にメッチャ気分悪い気持ちで観ました

人間、場所柄を考えて行動しましょうね。(><)
[PR]

by fu-souka | 2008-07-31 11:24 | *Pの手料理♪  

* しんどいよぅ~(><)

d0034988_12425859.jpg
日曜日、沢山の話を聞いたからか?夜から発熱。

息子いわく

「また知恵熱? 考えすぎるんだから~しばらく絶対安静!」

O-さんは風菫に行くって張り切ってたけど
ワタシの熱が高いのを知り、ここでも絶対安静を言い渡される。

昨日はおとなしく一日ゴロゴロ・・・。

すると、お空もゴロゴロ言い出して、ウキャ~
ワタシ、雷大好きですvv大雨大好きです
でも、そんな事言ってられない。

各地で被害が続出していますね
みなさんのところはどうですか?大丈夫ですか???
被害に遭われた方、お見舞い申し上げますm(_ _)m ペコリ

なにやらまだ雨が降るような発表がなされています。

どうぞみなさん、くれぐれも気をつけて行動して下さいね。

ワタシも今日はもう少し、まったりとゴロゴロさせて頂きます。

小さな皮付きのジャガイモを煮て、カレーを作りました。
しんどいけど、練りこんで放置出来るので、ナンを作りました。
勿論天然酵母入りです
甘めのナンと辛いカレー、口直しの紫キャベツvv
[PR]

by fu-souka | 2008-07-29 12:43 | *風想花(日記)  

*近畿大学最新農学体験vv

d0034988_17482979.jpg
今日、近畿大学の最新農業のお話をお聞きする機会を得て
奈良県にある(本部は大阪ですが)農学部キャンパスへ行って来ました。

あぢかったべぇ~~

折角だから、色々な先生とお話を・・・はい、片っ端から(笑)

面白かったのは、原種トマト!!
葉っぱを触らせて頂きましたが、
さらっとした油を浸した低反発クッションのようなさわり心地で
とっても気持ちが良かったです

普通のトマトはザラザラっとした感じなんですけれど
全く違う植物のような感触でした。
そのトマトの葉っぱの表面には油分と界面活性剤(石鹸と同じ成分)が
トマト自身、虫から身を守る為に放出しているらしいです。
その<天然の虫除け>を他の植物にも利用しようと言う研究をされています。
原種のトマトって、中玉トマトなのだそうです。
で、サラダにやっぱり入れたいだろうって事で
今、ミニトマトの開発をしていました。

近大トマト・・・もうすぐ市場に出回るらしいですよ
ちなみに、最近マンゴーの開発が成功して
とても美味しいマンゴーが大○百貨店では高値で売られています。(笑)

真水で海の生物を育てる事に成功した水産学科も農学部なんです。
マグロを卵から育てる開発でも有名ですが(近大マグロ)
廃棄処分される魚の骨や内臓などを発酵利用して
醤油や味噌などの開発もされています。

大学の食堂などで出た残飯はすべて肥料などに利用され
エコロジーを徹底しておられます。

日ごろワタシがやっている農業との共通点が沢山あり
見聞きする事がとても勉強になりました。
固定種の作り方や交配なども図解で教えて頂いたので
これを踏まえつつ、ワタシも農作物を作りたいと思いました。

ドラゴンフルーツの苗を頂きましたvv
先生、ありがとうございました。(*^^*)ポッ♪
1年ぐらいで5cmほどになるそうです。
露地栽培が可能で、4年ほどすると2mぐらいに生長し
ちゃんと実が出来るのだと太鼓判を頂いた苗です。
頑張って育ててみようと思います。ワクワク

すみません
生徒たちより目立つヤツで・・・m(_ _)m ペコリ
みんな質問しないので
先生とマンツーマンで沢山教えて頂きましたvv
丁寧にお答え下さって、感謝申し上げます。
ありがとうございました。m(_ _)m ペコリ

画像は・・・近大ダッシュ村を作る計画があるらしい場所。(笑)
山を切り開き、今土を作り出している最中です。
ヒマワリなどを植えてあり、花が咲き終わったら土に漉きこんで肥料にします。
4年計画らしくて、着々と近大ダッシュ村へと変貌して行くらしい。v(^^)
今後の楽しみです。
[PR]

by fu-souka | 2008-07-27 17:56 | *風想花(日記)  

+ 夏野菜~vv

d0034988_1543116.jpg
毎日暑いですね~(><)

二日間、畑に立っているだけで汗で服がボトボト
日干しになるくらい痩せればいいけど(いいんかい!)
汗が流れた分以上にお水を飲むので無理

米なす、トマト、キュウリ、サラダごぼう、アキシマササゲ、モロッコ

色々収穫しました。
そうそう、トウモロコシとおつな姫(枝豆)の一部を収穫。

今日の昼食は<ごぼうとモロッコのサラダ>と<米なすの揚げ浸し>

d0034988_15432348.jpg


米なす・・・皮も甘いです。v(^^)
サラダごぼうは、普通のごぼうよりも細くて短いのですが
クセのない美味しさです♪
手間なしですが、今度はもう少し肥料を入れて育ててやろうかと思います。
我が家の定番になりそうなくらい美味しい。
育て方、またアップしますね。
[PR]

by fu-souka | 2008-07-26 15:43 | *Pの手料理♪  

* 天然酵母パンのつづき~♪

d0034988_18273624.jpg
土曜日の夜中から、また風菫入りをしておりました。

留守中、mixiは携帯から見ていましたが
書き込みは難しくって・・・m(_ _)m ペコリ

で・・・天然酵母パンの種を持って行き、せっせとあちらで焼きました。

って言うか、風菫の家の方が、備え付けのレンジが大きいんです。

上のパンが、一回目の分です。
丸々にした物は、バナナ酵母菌で作った胡桃パン
ねじった物は、トマト酵母菌で作ったバジルパン。

発酵させる時間が少なかった為、やや硬さは残りました。
で、発酵具合ですが、バナナの方が発酵しやすいです。
すぐにガスが出てくれるので、上手い具合に泡立ちます。
それに比べ、トマトはやや泡立ちが弱く、発酵していないような雰囲気。
でも、強力粉と混ぜ合わせると、俄然トマトの方が膨らみました。
これには少々驚きました・・・。

形成した後、こんがり焼くなら<卵の黄身>を塗るのですが
今回はトマトとバジルがあるってことで・・・
<オリーブオイル>を塗ってから焼きました。
すると、上がパリッとして良い感じvv

d0034988_18275262.jpg


画像は・・・二日目の酵母を使って焼いたパンです。
発酵が上手く進んで、良い感じに一次発酵、二次発酵と進みました。
今回は、本当に上手く発酵しましたよ

で、丸いパンは、裏のネギさんから頂いたササゲ豆を甘く煮た物を
二次発酵の時に加えて形成させた物です。
楕円形のパンは、自家製のトウモロコシをこれも二次発酵の時に加えて
練りこんでから焼きました。

どちらも途中で飛び出すかな?って思いましたが
意外と良く練りこめば飛び出さないで収まってくれる事がわかりました。

今回は、<卵の黄身>を塗って焼きました。
なので、焦げ目がしっかり。(笑)

自家製の捥ぎたてのトウモロコシをサッと塩茹でして
包丁で削り取った実を入れましたが、
これが美味しかったんですよvv

あ、今回は、両方ともバナナの発酵液を使いました。

暑い部屋で追加一日・・・これが効果ありました

煮豆も、時間が経てば誰も手を出さなくなる・・・。
そんな物を練りこんでやれば、みんな食べるんですよね、コレが。(爆)

今回、捨ててしまうような果実と残り物の煮豆なども利用出来たし
満足ってことで~(*^^*)ポッ♪
[PR]

by fu-souka | 2008-07-23 18:39 | *Pの手料理♪  

天然酵母

d0034988_14301686.jpg
昨日から、天然酵母を作っています。

天然酵母と言えば、干しぶどう、りんご・・・などが有名ですが
今回冷蔵庫に転がっていたのは、それらではありませんで・・・

    腐りかけた黒くなったバナナ
           と
      割れた大玉トマト

そんなわけで、どうなるかな~と。(笑)
何せ実験大好きPですので、ドキドキしながら見ていますvv

作り方は至極簡単なんですよ。

<材料>
*バナナ・・・皮付きのまま適当に切った物2本
*砂糖・・・・大さじ2
*お湯・・・・400cc

これらを、お湯で消毒した瓶に入れて、暖かなところに置く。
時々瓶を振ってから蓋を取って空気を入れるのを数回。
夏場なら1日、冬場なら3~7日ほどで酵母液が出来ます。

振った時に、ビールのように泡が出てシュワシュワ~っと炭酸っぽい
雰囲気になったら、酵母液が出来上がり~v(^^)

ここから小麦粉と合わせて酵母種を作るのですが
ストレート法と言って、その段階を飛び越してパンを作る事も出来ます。

バナナ酵母は、バナナの甘~い良い香りがします。
トマト酵母は、バジルとあわせると美味しいだろうな~って香りがします。
  トマトの薄っすらとピンク色をしているんですよ。

今ね、種を練って寝かせているところです。
上手く膨らんでくれるかな~ワクワク。
なにぶん、初めての経験なので失敗もありえます。
期待しないで待っててね~

*--**--**--**--**--**--**--**--**--**--*

今夜・・・と言っても真夜中ですが・・・
風菫に出向きます。今回はO-さんと私だけ。
息子たちは夏期講習や大学(まだ夏休みじゃない)があるのでお留守番。
勿論、姑は来ませんよ。田舎が嫌いだって言う人ですからね

しかし・・・

行くにあたって、3日間の食事の用意をして行かねばならないわけで、
さて、何を作って置いておけば良いのやら
いつもそうなんですが、特にこんな暑い日は、腐ることもある。
はぁ~悩む、なやむ、な・や・む!!

せめて・・・

*息子たちがする料理に、姑がイチャモン付けずにいてくれたら・・・
*姑がお料理出来たなら・・・
*お金で何か食べてくれたら・・・

はぁ~言っても仕方ないけど、最近これが憂鬱で仕方がありません

少ない費用で美味しくて簡単で量のある料理って???
何か良い知恵ありませんかぁ~~
[PR]

by fu-souka | 2008-07-19 14:30 | *Pの手料理♪  

* 空は水浅葱に広がり・・・

d0034988_1049396.jpg
関西地区、やっと梅雨明け宣言が出て
本格的な夏に突入したそうです。

したそうです・・・と言う他人事のような言い方ですが
もっと前に梅雨明けがあったような気がしている私なので・・・。

梅雨は「さよなら」も告げずに行ってしまうけれど
何かしら「おや?」と感じる事があります。
「どう違うの?」って言われても
確かに「こうよ」と言える物は何もないので至極あやふやですが

風の熱さ とか 土の香り とか 虫の音色 とかだったり

それは自然からのメッセージかも知れません。

そうそう、今年はまだヒグラシの声を聞いていないなぁ~と感じています。
昨年は7月入った頃からボツボツ鳴き始めていたのに
今年は全く聞こえないので寂しいと思っていたら
先日風菫に行きましたら、微かに遠くで鳴いている声が聞こえて
ホッとしました。

「ヒグラシは夏の終わりに聞こえるから、なんだか寂しげ・・・」

そんな声を耳にしますが、実は初夏(6月頃)から鳴き始め
8月頃になると鳴かなくなります。

夏終わりを告げるセミの声
実は、ツクツクボウシの声でした。

私はツクツクボウシには申し訳ないけれど、彼の声よりずっと
ヒグラシの声が大好きです。

森の奥、小川に足を突っ込んで、噴出した汗を拭っている時に
カナカナカナカナ・・・・と聞こえてくる声がヒグラシのイメージ。
イメージって大事なんですよ。
そのイメージがあるから、ヒグラシの声を聞くと
なんとも涼しげな森林浴をしている気がして心地よかったりします。

丁度その頃、庭の隅にあって、一際目立つ花が咲きます。
<薮萱草:やぶかんぞう>のオレンジ色は
目にとても新鮮で
鬱陶しい梅雨空を晴らしてくれるような勢いです。

この花が咲くと

空は水浅葱に広がり、夏の暑さが今年も巡り来て
高校野球が始まる季節になるのか~と思うのです。
水浅葱(みずあさぎ)は、蓼藍(たであい)で染めた一等淡い藍色。
夏の太陽があまりにも主張をしちゃうものだから
空が遠慮して色を一等淡い色にしちゃったのかも知れない・・・。

そうそう、薮萱草ですが・・・。
蕾を天ぷらにすると、本当に甘くて美味しいの。
まるで果物のようなフルーティーさ
でも、蕾だから、採ってしまっては花は咲きません。
今年は沢山花芽をつけてくれたので
ある程度花を咲かせてから、残りの半分を天ぷらにして食べました。
このお花・・・実と言うか種を結べない運命なのです。
三倍花と言って、染色体異常で生まれた植物なので、実はつきません。
その代わり、地下茎が伸びて集団を作ります。
増やす時は、株分け。
沢山増えてくれるといいな~って、今年も眺めています。
[PR]

by fu-souka | 2008-07-18 10:50 | *風想花(日記)  

* スイカ~vv

d0034988_10434325.jpg
一昨日の夜中、風菫の里入りをしました。
昨日、友人兄弟が来て下さると言う連絡を頂いてましたので
大阪で生の鯖を2匹買い、キズシ(鯖を酢で締める)を作ってあったので
朝からせっせとしめ鯖の握り寿司を作りましたvv
レモンの汁を酢と合わせて、砂糖と塩とダシで漬け込むと
良い香りがして、夏場は爽やかな感じじゃ~ないかと
あ、私は香りも味もわからんちんですけどね。(^m^)プッ

寿司飯が少し残ったので
<エゴマの葉>を巻いて、
ごま油と塩コショウで召し上がって頂きました。

こごみのかつお節和え
スベリヒユと油揚げのたいたん(煮物)
オオバギボウシの花の酢の物
そうめんとえびしんじょの椀物

などをお出ししました。
はい、ほとんど庭で採取した雑草?です。(オイ)

d0034988_10443369.jpg

先日話題になりました<スベリヒユ>ですが・・・
茹でずに干していたので、葉っぱがやや残っていました。
なぜなら、5日ほど干しても枯れてないからです。
この生命力って凄いですね!!
根っこを抜いて切り取っているにもかかわらず・・・ですよ
この生命力の凄さ・・・体に取り入れないはありませんでしょ♪
たっぷり美味しく頂こうと思います

遅まきながら、さっと茹でて水で洗い、油揚げと一緒に
甘辛く煮付けました。
今回は酢の料理が多いので甘めに味付け

お味ですか?

ぜんまい と ツクシ と 微かに モロヘイヤのとろみ

たけさん@三男が言うには
「ぜんまいに似てるけど、僕はスベリヒユの方が美味しいと思う」でした。

食べてみて、ツクシにも似てるので、卵とじでもOK!じゃないかと
私は思いましたので、次回は是非卵とじで食べてやろうと考えています。

お兄様の方から、O-さんに焼酎とPに金魚の和菓子vv
弟様の方から、いちごの苗(さちのか、飛鳥ルビー、宝交早生・・・各8苗)
菊の苗4鉢。
それと、畑で採れたトマト、マクワウリ、スイカ
「甘ないねん・・・スイカ」
そう仰ってましたが、甘かったです!!
スイカ好き家族なので、大喜びで頂きました。(*^^*)ポッ♪
悔しいなぁ~(違)

マクロレンズ・・・頂きました。m(_ _)m ペコリ
欲しかったんです、マクロレンズ。
あ、私が今持っている一眼レフも頂いたんですけどね(激嬉vv)

で・・・食べさせたのは雑草かいm(_ _)mm(_ _)m(O-&P)

などを頂戴して、早速(今回学校がお休みだったたけさんと一緒に)
いちごの苗を仮植えしました。
本格的に植え込むのは10月ってことで、しばし休息。(笑)

そうそう、受粉したスイカが、こんなに大きくなりましたよ~
人工授粉1個、自然受粉1個・・・合計2個。
苗が2ポットだったので、これはまぁまぁかな~。

コミュでもお配りしました<かぼちゃの種>ですが
順調に発芽してただいま4個膨らんでいるのを確認しました。
1個でも収穫出来れば嬉しいvv
来年はもっと沢山植えます。今回は手始めってことでしたので。

面白い事にかぼちゃは、ほとんど土を選びません。
荒地でもぐんぐん延びて花を付けます。
なので、畑や庭の空いているスペースに植えておけばOK!ですね。

ただし・・・種を蒔く時期は大切かもしれない。
昨年はゴミ箱から発芽して、結構大きく育ったのですが
雄花しか開花しませんでした。
なぜなら・・・最初に雄花が咲いて、やや時期を遅らせるような感じで
雌花が咲き始めますので、時期が遅いと雌花が咲くまでに寒くなる。
ってことは、雌花は咲かなくなる可能性があるわけですね。

今回かぼちゃやスイカを育てて思ったのは
先に雄花が咲き始め、時期をずらすような感じで雌花が咲き出します。
トウモロコシもそうですよね。
だから、最初の頃は「げげーー!!雄花しかないやん」ってショックでした。
いや~こんなカラクリがあるとは・・・(爆)
[PR]

by fu-souka | 2008-07-17 10:55 | *風菫の里にて*  

* それぞれの道

d0034988_14404749.jpg
今日も快晴~(^0^)/

とっても暑いけど、折角だからもっと汗を流そうと思って・・・

大阪の自宅の3階から1階まで廊下階段を拭き掃除
汗がダラダラ~と気持ちよい具合に流れてくれて

あ~生きてるんだな~(*^^*)ポッ♪

などと、なんだか心を幸せ気分で一杯にしつつ(違)
シャワーを浴びながらお風呂掃除までしました

気持ちいいわ~ホッとするよね

熱風が窓から吹き込んでくる。
はぁ~上昇気分が萎えそうです
どうせ暑いなら、海で甲羅干しの方がずっと気分が良い。

たけさん@三男の三者懇談が昨日あって
<農業生産学科>を受験することがほぼ決まって・・・え?農業?

その大学のカリキュラムを見ていたら
雑草学とか免疫学とかもあって、私の方が興味津々
生産を科学する・・・って言う意味はわからないけど
大学が持っている里山で、ゆったり研究出来るのは羨ましい。

三重の風菫から充分通学出来る範囲に里山があって
私も寂しくなくて嬉しいvv

啓介@長男が、今月の22日で転勤になり
同じ三重県だけど、端と端・・・伊勢に行ってしまいます。
愛知の学校から戻って、一緒に暮らしたのは少しだけ・・・。
風菫を買ってから、向こうで住んでいて
それでも、私たちが風菫に行くと元気な顔がみられたので
それだけでも嬉しかったんだけどね。
伊勢となると、なかなか会えないな~

あまり儲からない仕事だけど
面白いらしい、今の仕事。
食べて行けりゃ~それでOK!だよ。

こうして子供は親の手から少しずつ離れて行くんだろうね。
親はいつまでたっても子供だって思うけど
子供はいつまでも子供じゃいられない。

少しずつ手が掛からなくなって・・・

嬉しい反面、寂しいよね。
勿論、私の体も年をとって・・・(笑)

え?パンダ@次男ですか?
美大を来春卒業するのに、また別の勉強するとかで・・・(><)
「自力で学校に行ってね」と最後通告を言い渡しました。
今はせっせと卒論&卒製作をやっている・・・らしい。
今後の進路ですか?知りませんよ~(オイ)
ってか、美術を通して心療治療のようなリハビリのような・・・
私も良くわからないんだけどね。
なんだかお年寄りとのコミュニケーションを図るんだとか。
まぁ、彼の場合、それもアリかな~。
優しい子だから、人との競争などは似合わない。
サラリーマンを選ぶよりは彼らしくて良いと思う。
ただ、それで食べて行けたら・・・の、話ですが~(爆)
[PR]

by fu-souka | 2008-07-15 14:41 | *風想花(日記)  

*ホームにて・・・

懐かしい記憶が 突然前触れもなく 訪れ

勝手に心の中を一杯にしてしまう

倉庫の中のように薄暗いホーム

北国行きのホームに新聞紙を広げて座り
大きな握り飯を頬張るおばあちゃんたち

お国訛りが まるで外国の言葉に聞こえる

手には 網に入れられた氷みかん5個と
塩付きのゆで卵

故郷を持たない今の私がそこにいた

d0034988_11465686.jpg

私には故郷と呼べる場所がありません。
主人もそうです。

だから遠い記憶の中に存在する田舎の風景に
強い憧れを抱いています。

夏休みや冬休み
学校の友達は、両親の故郷へ行くのだってはしゃいでいたけど
私には行ける場所がなかった。

小さな頃の記憶の中に
父の故郷、東北の福島の田舎があり

一面のトウモロコシ畑と太陽の光を
私は今でもしっかり覚えていて
私の中の<故郷>の定位置に収まっています。

父の生家には肢体不自由な双子がいて
いつも囲炉裏の側で座って出迎えてくれました。

とても気の良い人たちで
私が行くと民謡を歌ってくれたんですよ。
それがまた上手いの。(笑)
呂律は回ってないんですが、雰囲気と言うか
なんとも言えない間合いって言うのか
それが大好きだったんですよ、私。
一人が歌って、もう一人が合いの手を入れる。
絶妙のタイミング。さすが双子だって思った。
二人とも早くに他界してしまって・・・。

今になって考えれば
やっと座っている状態で
きっと一日生きるのもやっとだったんだろうと思うのに
いつも行くと笑顔で声をかけてくれて 
長旅で行ったことを気遣ってくれて・・・。
歌まで歌ってくれるって言うその気持ちが嬉しくてね。
父の故郷であって、私の故郷ではないので
知った人もいない、言葉も上手く通じない
まるで異国のような土地で
彼らの笑顔は言葉に表せない喜びでした。
言葉に出さなくても通じる気持ちってあるんですね。

前が一面のトウモロコシ畑だって言いましたよね。
その畑の中に入らせてもらったの。
そりゃも~嬉しくってね~。
都会育ちでしょ、畑の中で遊ぶなんて経験ないですからね。(笑)

畑に入り、抱えきれないほどのトウモロコシを捥いで帰ると
伯父たちが庭に火をくべて、大きな釜一杯にお湯を沸かしてくれて
茹でたて、もちろん、塩なんか必要ないくらいに甘いのを
お腹一杯食べたのが一等嬉しくて
それ以来、私の大好物は<トウモロコシ>と位置づけられた。
けれど、あれ以来、あんなに美味しいトウモロコシは食べていません。

主人が田舎を手に入れたのは
私の体の事もあるけれど
一番の理由は、息子たちに故郷を持たせてやりたかったのだと思う。
そして私も・・・。

現実、難しいこともあるけれど
なんとかやりながら
老後に向けて歩めたらと考えています。

ヒョンな事から懐かしい私の思いを長々と書いてしまいました。
吐き出せて少し楽になりました。(笑)
最後まで読んで下さりありがとうございます。
そんなこんなで、今の私がやっとココへ戻ってくる事が出来ました。

あのホーム・・・一体どこだったんでしょうね。

画像は、民俗博物館です。
[PR]

by fu-souka | 2008-07-14 11:42 | *風想花(日記)