<   2008年 08月 ( 23 )   > この月の画像一覧

 

*シソジュース

d0034988_18563266.jpg
今日は赤シソを利用して、シソジュースを作りました。

この赤シソ・・・勝手に集団で生えてきたんです。(爆)
こりゃも~天の神様からのお恵みですやんね

あたり構わず生えているものだから、どうしようかと思ったのですが
そのまま生やし放題にしておきましたら、大きく育っちゃって
色々に利用させてもらっています。

シソは<紫蘇>と書きますが、紫蘇の葉は<蘇葉(そよう)>と書いて、
「人を蘇らせる」意味があります。蘇生の蘇ですね。
食中毒や食あたりを防ぐいわば防腐剤代わりにもされていて、
お刺身には必ずと言って良いほど付いて来ますでしょ。
あれはそんな意味があったんですよ~♪

<栄養価>
 抗酸化作用が強いベータカロチン、カルシウム、カリウム等はホウレン草よりも豊富。
 鉄分やその他ビタミン、ミネラルも豊富。

また、煮出す事によって、食欲を増し消化吸収を助け、
胃腸が健康に働くといわれているペリルアルデヒドが含まれており、
ペリルアルデヒドには制菌作用があり、
抗アレルギーや抗炎症効果があるとされています。

風邪の初期症状に効くそうなので、今日はたっぷり飲みます。(笑)

これらは、青シソより赤シソの方が効果があることがわかっています。

シソジュースには、クエン酸を入れるって、思い込んでいませんか?
勿論、クエン酸でも良いのですが、ここでビタミン補給しましょ
って事で、私はレモンの絞り汁を入れます。カップ1ぐらい入れます。
足りない時は、お酢で代用

どうしてお酢を入れるのか・・・

肉食が多い人やストレスの溜まっている人は
体が酸性に傾いて、そのせいで乳酸が増えています。
乳酸は筋肉の中にたまり、疲労のもとになるので、
疲れやすい体質になるんです。

肩こり、腰痛なども乳酸過多状態で起こるとも言われているらしいよ。

そんな人の救世主が<お酢>なんです。

お酢にはこの乳酸を抑える働きがあり、疲労回復に効果があります。
胃液の分泌を正常化し、食欲増進にも効きます。

血圧を正常化させ、血行をよくする効果もあるので、血圧が高い人にも良いですねvv

殺菌力があり食中毒の予防にも効果的です。

カルシウムの吸収を助けるので、骨粗しょう症などの予防にもなります。

って事は、やっぱり入れるに限りますよね

あと甘みですが・・・色を気にしないならば、黒糖
色が気になるなら、きび砂糖と蜂蜜の混合なんてどう?
便秘気味なら、オリゴ糖でもOK!

<シソジュース>

*赤シソ・・・1束
*水・・・・・2リットル
*砂糖・・・・300g(私は甘み薄めです。ご自分で加減してね)
*レモン汁・・250cc

1.赤シソを綺麗に洗って水を切っておきます。

2.大きな鍋に2リットルのお湯を沸かし、1のシソを入れて5分煮出す。

3.赤シソを取り出して、レモン汁とお砂糖を入れて味を整え冷やす。

4.冷えてから、保存瓶に入れて保存します。

冷凍庫か冷蔵庫での保存になりますが、
そのまま長期に保存したい場合は、お湯を入れた鍋に
シソジュースを入れた保存瓶を入れて数分煮立てます。
そのまま冷やして蓋をしっかり締めて保存して下さい。

私は、葉っぱだけにしません。
枝ごと入れて、枝ごと取り出します。

最初からクエン酸やレモン汁を入れる人もいますが
葉っぱについたら勿体無い気がするので(笑)
すべて取り去ってから、レモン汁とお砂糖を加えます。

どれが本当かなんてありません。
ご自分が作りやすいようにすれば良いと思います。
[PR]

by fu-souka | 2008-08-31 18:56 | *Pの手料理♪  

*芋づる♪

d0034988_22312978.jpg
サツマイモ・・・猿が残していった分を2本ほど様子を見た。

まだ小さなサツマイモが5本ほど土の中から出て来ました。
「こんな小さなサツマイモを食べたの?」

そう思うと、なんだか猿が可哀想に思えた。(笑)

サツマイモのツルを、そのまま大阪へ持って帰って
今朝、葉っぱを取ってツルを炒めました。

これが柔らかくて甘くて美味しいの!!

昨年は芋の収穫の時にツルを採取したのですが
そのツルはとても硬かった。

と言うことは・・・芋を収穫する前にツルを収穫すれば柔らかく食べられる

ツルは、ある程度葉っぱが残る感じで大丈夫なので
次回は所々カットして、冷凍しておこうかな~と思います。
あれって、天日干しして保存可能かしら?
昨年は冷凍で保存して、時々炒め物に利用したんだけど・・・。
煮物にしても美味しそうですし、ちょっとこれは研究したいと思います。

今日は、ゴマ油で炒めて、市販のミートボールを加えただけの
カンタンな炒め物ですが、これが意外といけました

*--**--**--**--**--**--**--**--**--**--*

明日は月末・・・。

昨夜、雨に濡れたからか発作が出てしまい
気管支拡張剤を服用しました。
久しぶりのお薬

今日は微熱がずーーーっと続いていました。

今、少しマシになって、メルマガの記事を書いていました。
他所のことばかりしていて、自分のメルマガを書いてなかったし

明後日、9月1日0時に発行になります。

園芸の話し、暦の話し、風菫の話し・・・など
私の言葉でコツコツ書いています。
たいした事は書いていませんが、もし宜しければ
無料なので、読んで頂けたらと思います。m(_ _)m ペコリ

http://pde.gozaru.jp/
私のHPです。別に怪しくはありません。(笑)
ここにメルマガ登録がありますので、
メールアドレスを入力して下さいねvv

明日も雨だって?
もうそろそろお天気がいいな~と思うPなのであります
[PR]

by fu-souka | 2008-08-30 22:31 | *Pの手料理♪  

スイカゼリー

d0034988_10352783.jpg


今日、長男:啓介と次男:パンダのお誕生日です。

二人、おめでとう~

一昨日、伊勢で暮らしている啓介が
東京から戻っている学生時代の友人と会うために
大阪に戻っていました。

で、少し早いのですが、一昨日の夜にささやかなプレゼントを

私から・・・スイカゼリー。

大きなスイカを風菫のご近所から沢山頂いたので
中をくりぬいて、中身をゼリーにしました。
スイカにライムを少し入れて味を引き締めてあります。

白いのは牛乳ゼリーで、彩りにキーウィと自家製のブルーベリー。

グレナデンシロップとお水で漬け込み、冷やして食べました。
一瞬でなくなりましたよぅ

作るのにほぼ1日掛かったんだけどな~(苦笑)

*--**--**--**--**--**--**--**--**--**--*

出来ないだろうって言われた子供を身ごもり
産めないだろうって言われた子供を産み・・・

何度も死ぬ思いをして、何度も泣いて・・・
でも、その何十倍もの喜びを与えてくれる子供たち

私のお腹の中で必死にしがみ付いて
無事に生きて生まれてくれた子供たちに・・・感謝です。

弱っちょろい私が
なんとか自分を主張しながら生きてゆけるのは
きっと
子供たちがいてくれるからだと思います。

私の体力がもたない(妊娠期に10キロも体重が減ったし)から
諦めろって、周囲から言われても頑張った甲斐があります。(笑)

「大した親じゃないのに、良く育ってくれたよ」と言ったら
「お母さんが親でいてくれたから、今の僕たちがいてる」と言ってくれた息子。

太ってようが、不細工であろうが、頭が悪かろうが・・・
やっぱり君たちは素敵だ!!

メッチャ、照れるけど・・・

と、今日は親バカでいたいと思います。m(_ _)m ペコリ
[PR]

by fu-souka | 2008-08-27 10:54 | *風想花(日記)  

* 月橘(げっきつ)の開花♪

d0034988_10424943.jpg
シマトネリコ・・・とても小さな苗を買った。
涼しげな葉っぱが大のお気に入り。

でも、私以上にシマトネリコを愛するものがいる。

それは・・・ つき

青虫

いつも葉っぱを齧られて
気が付けば丸坊主にさせられてしまう。

今年もそうだった
葉っぱが無くなると光合成が出来ないから
ヘタすりゃ枯れちゃうのよ

なんとか下葉だけ残ったので
お水とたまに液肥だけあげてたんだけど

小さなポツポツとした見慣れないものが・・・

え?なに???
もしかして・・・もしかする???

それから待つこと2週間。

今朝、花が咲いていました

ユズの花に似てる。(笑)

それもそのはず・・・シマトネリコの札をすっかり信用していたのに
花が咲いて気づきました、全く別物だって!!
葉っぱはシマトネリコとそっくりなので、花が咲くまでわかりませんでした。
やられたわ・・・(><)

似ているはずです、ミカン科ですから。


良い香りがする花らしいのですが
難儀なことに、私は分からないから、至極残念です


真っ白の綺麗な花です。
満開になったら綺麗だろうな~と想像。(笑)

冬に1cmほどの赤い実が出来るそうで、
生食、ジャムにして食べる事が出来るらしい。
葉っぱは香辛料として利用出来る・・・。
シマトネリコより、ずっと我が家では重宝しそうですね。(笑)

常緑で、ほとんど虫がよらないのもありがたい!!
これ、垣根にしようかな。(*^^*)ポッ♪
[PR]

by fu-souka | 2008-08-26 10:43 | *Pの小さな庭  

*薪を貰いに行って来ましたvv

d0034988_15233176.jpg

日曜日、青蓮寺湖の流木を貰いに行って来ましたvv

案内所に行き、届いたはがきを手渡すと、カンタンなアンケート用紙に記入するよう指示があり
提出したら、薪が置いてある普段入れない湖のほとりに車を誘導され
もうすでに切ってくれてある流木を、ワンボックスの荷台一杯に頂きましたvv

色々な木の種類がありました。
乾燥してくれてあるので、すぐにでも使えます。
が・・・土曜日からの凄い雨で、湿気ていますが。(笑)

d0034988_1524035.jpg

ベリーの花壇(色々なベリーを植える予定)のところに
白百合が咲いていました。
え?なんで???

植えた覚えがありません

よく見ると・・・お隣の岩ちゃんの家の前に同じ百合が・・・。
って事は、種が飛んで来たの???

花びらの表をよ~く見てください。
花の内部は乳白色ですが、外側は紫褐色を帯びています。
葉っぱは細いので、これは鉄砲百合ではなく
帰化植物の<タカサゴユリ>です。

繁殖力が強いようで、お隣の道路の隙間から沢山生えています。(笑)

って事は・・・気をつけないと、ベリーの花壇もやられる???
お花が終わったら、丁重に別の場所へ移植させて頂く事にしましょう。

d0034988_15242691.jpg

そうそう、カボチャ・・・まだ沢山花が咲いてくれていました。
たまたま図書館で(また図書館に行ってたらしい・・・)植物の本をひっくり返して読んでいたら

<カボチャの花は、天ぷらで食べられる>

と言う記事を発見
早速、実をつけない雄花を採取して、サッと洗ってから天ぷらにvv

これが、モチモチしてて、甘いの
花の付け根はホロッと苦味があるような・・・微かに。
でも、息子はその苦味が美味しいって言ってました。

雄花ばかりなのよ~って仰ってるあなた!!

はい、今夜は早速天ぷらでどうぞ。(^m^)プッ

これなら、実が出来なくても、損した気分に陥らなくて良いわね。(笑)
[PR]

by fu-souka | 2008-08-25 15:24 | *風想花(日記)  

+月は青天に在り、水は瓶に在り

d0034988_2162737.jpg
<月は青天(せいてん)に在(あ)り、水は瓶(へい)に在り>

月は淀みなき空に在り、水は瓶に在り

ありのままの姿が大切・・・そう言う教えなのです。

月が空にあるように、水は瓶にあるように・・・
人もまたありのままの姿で立つ事が大切。
そうあらねばと思う、今日この頃です。

偽りの姿は、どこかボロが見え隠れ。
張りぼては、裏に回ると分かるのと同じですよね。(笑)

今の自分の姿を、心の鏡でじっくり眺めてみる。

真っ直ぐ前を見つめられるか?
淀みなき眼で見つめられるか?

私ぐらいの年齢に達すると
<死>を考えることがあります。

後ろを振り返った時
良くも悪くも<自分の気持ちに>嘘や偽りがないようにと
思うこともあるわけです。

*--**--**--**--**--**--**--**--**--**--*

今日ね、両槻会のメルマガが発行されました。
その中で、私がどんな話をしているのか・・・
お試し?ではありませんが、ここにコピペさせて頂きます。
難しい話はしていませんよ~難しい話は頭が痛くなるし。(笑)
身近な植物と活用など、私の経験なども交えて書かせて頂いております。
何かのご参考になれば、幸いです。

*--**--**--**--**--**--**--**--**--**--*

<蓮の葉、芋の葉>

  お盆休み、みなさんはいかがお過ごしでしたでしょうか?我が家のお盆は
 13日のお迎え火から始まり、15日の送り火で終わりました。仏様に短い
 この世の時間をゆっくり楽しんで頂くため、期間中お仏壇の前に盆棚を設え、
 三度三度炊きたてのご飯と一汁一菜、そして温かいお茶をお供えします。
 13日のお迎えには<迎え団子>平べったく作った黄な粉餅をお供えします。
 そして、送る時は<送り団子>白いままのお餅と<白蒸し:しらむし>もち
 米と黒豆を蒸して、蓮の葉に包んでお土産としてお供えします。実はこの白
 蒸しを乗せる蓮の葉は古代からお皿の役割を持っていました。これは日本だ
 けではなく、中国にはおこわを蓮の葉で包んで蒸した<荷葉飯:かようはん>
 と言う物があります。蓮の葉に包むことにより、蓮の良い香りがおこわに移
 り芳しいご飯になります。<荷葉(かよう)とは蓮の葉の意味>
 
  その蓮の葉ですが、いつ頃から使われるようになったのか・・・実は、万
 葉集にも何首か掲載されていて、その頃から蓮は良く知られた植物だった事
 が伺えます。その中に面白い歌を作ると言うので何度かご登場頂いている長
 意吉麻呂さんも、蓮の葉を入れて歌を詠んでおられますのでご紹介したいと
 思います。

  蓮葉(はちすば)は かくこそあるもの 意吉麻呂(おきまろ)が
    家なるものは 芋(うも)の葉にあらし  巻16-3826

  万葉時代、宴席で出されるお料理は、蓮の葉に乗せて出すのが高級官僚の
 慣わしだったようですが、下級官僚たちには高級すぎて利用出来なかったの
 で、よく似た芋の葉を利用したと言う歌です。現代では<芋>と言えばジャ
 ガイモやサツマイモを思い浮かばれるでしょうが、ジャガイモもサツマイモ
 も1600年頃の伝来で、万葉時代の<芋>とは稲作より早く伝来した宇毛
 (ウモ:里芋)か日本の野生種である夜万乃伊毛(やまのいも:山芋)の事
 になります。山芋の葉は人差し指ぐらいのハート型をしていますので、とて
 もじゃないけれどお料理は乗りません。従って、里芋のことを指します。蓮
 の葉はやや円形に近く、里芋はやや細長いハート型をしていますが、とても
 良く似た柔らかさを持っています。家芋(イエツイモ)とも呼ばれる里芋は、
 結構どこでも良く目についたであろう事から、貴重で高級だった蓮と対照に
 どこにでもある里芋の葉を使ったお料理は粋(いき)じゃないと言われたそ
 うです。その頃から粋じゃない人を「イモ」と表現していたらしいと、廣野
 卓氏は「食の万葉集」の中で書いておられます。

 蓮の葉・芋の葉  
 
  現在も蓮の葉は高級品で、特にお盆の頃はとてもお高いですが、里芋の葉
 を利用することはほとんどなくなりました。しかしながら、里芋は今も昔も
 身近な食材であり、茎はズイキとしても利用され(一部利用できない種もあ
 る)乾燥させれば長期保存が可能で、カリウム、マンガン、カルシウムが豊
 富に含まれています。また、干すことによりそれらを凝縮させる事が出来る
 とされています。戻して煮た物はお乳の出や子宮の戻りも良くすると言われ、
 産後すぐから良く食べさせられました。(笑)高血圧の改善、筋肉機能や心
 臓機能を調節する役目も担っていますので、季節が夏から秋に気温の変化が
 ある今の時期にはどんどん取り入れたいものですね。

 ━━━◇『A misty rose

両槻会のメルマガは、両槻会HPにて申し込み出来ます。
[PR]

by fu-souka | 2008-08-22 21:08 | *キラリと雑学♪  

+ HPの容量が増えましたvv

d0034988_23425962.jpg
先月ごろから、HPのページや画像をアップするのに
どうしてもアップ出来なくなって、とても慌てました。

容量は無制限のはず・・・・どうして!?

何をしてもアップ出来なくて、憂鬱になって来ていました。
スペースをお借りしているところの不具合でもなさそうだし、
FFFTPの不具合でもない・・・。

で、エラーメッセージをよくよく見たら・・・
エラーの場合、スペースをお借りしているninjyaへ問い合わせるようにとリンクがあり
大急ぎでクリックしたら・・・無制限だと思っていた容量が、
実は100MBを越すたびに審査を受けて、問題なければもう100MBを
頂ける仕組みになっている事が判明。

早速、審査の申し込みをして・・・

え?数日かかるの!?

でも、1日でお返事が届き、めでたく100MB追加して下さいました。
嬉しいです、ありがとうございました。m(_ _)m ペコリ
また引越ししなきゃいけないのかな・・・・って、不安になってましたから。(^^;

審査は・・・

1.広告リンクがちゃんと表示されていること

2.倉庫にせず、ちゃんとアップされているか

3.変なアップをしていないか

などなど・・・

これね、ちゃんと「~の広告が切れてますよ」とか「~の広告の色が背景と同じになってますよ」
って、言われるんです。
私と同じスペースを借りている方、今からちゃんと調べておくことをお勧めしますvv

あ~これでやっとアップが出来ますぅ~(*^^*)ポッ♪

で、お待たせしました!!
あれこれアップしますので、これからも宜しく~m(_ _)m ペコリ
[PR]

by fu-souka | 2008-08-21 23:52 | *風想花(日記)  

*今のお仕事・・・

d0034988_9372125.jpg
ここ数日、ずっとPCの前で、飛鳥検定試験の解説を考えています。

偉そうに、6問私が出題させて頂いているので(笑)
答えを導く解説を書いたり、表にしてわかりやすくならないかとか
あれこれ手探りでやっています。

「え?歴史を知らないPが出題!?」

きっとそんな疑問をお持ちの方もいらっしゃると思います

ご心配なく♪
飛鳥検定は、歴史問題だけじゃなく、飛鳥にかかわる植物や食物の
問題も出るわけで、すごく幅広い出題となっています。

私が担当するのは<飛鳥の食物>で
飛鳥時代の調味料の話や、現在の飛鳥周辺に生息している草花の
活用方法などです。

人に物を伝えることの難しさ・・・。

ヘタに伝えて、毒草を口にされても困るし。(爆)
食べられるもの、食べられないものの区別もお話したいし・・・。
などと思うと、制限時間に収まりきれない

こりゃやっぱり、資料を配布だな~
と、一人ブツブツ言いながらやっています。

飛鳥検定は、どなたでも参加して頂けます。
ネットからでも検定が出来るようになりますので
詳細はhttp://asuka.huuryuu.com/にてご確認下さいませvv

あ、<合格>とか<不合格>ってな物はございません。

そんなのがあったら、私なんて不合格に決まってますから
ただ、段位(冠位)みたいなのはあります。
これはあくまでも目標のためです。
気軽に楽しんで頂けたら嬉しいな~っと思います

*--**--**--**--**--**--**--**--**--**--*

画像・・・ヨウシュヤマゴボウの花・・・全草毒草です!!

   実はブドウのように黒紫の房になります。
   とても美味しそうに見えますが、決して食べないように。
   山葡萄と間違って食べる人がいますが、全身マヒ起こします。
[PR]

by fu-souka | 2008-08-20 09:38 | *風想花(日記)  

+黄縮緬林風葉紫台咲(牡丹咲)

d0034988_15375468.jpg
これも変化朝顔です。。。

<黄縮緬林風葉紫台咲>

と 書いて

<きちりめんりんぷうばむらさきだいさき>

と 読みます

普通は一重で長いシベがあるらしいのですが・・・
遺伝子の関係で八重に出ています。
八重ですが、朝顔の場合は八重と言わず、牡丹咲(ぼたんざき)と言います。

八重に出ているってことは、おしべもめしべもありませんので
残念ながら種は出来ません

で、どうやって子孫を残すのか・・・。

たとえば、一重の遺伝子がA 八重の遺伝子がaだとしたら
一重の種が持つ遺伝子は・・・

AA Aa(aA) aa となる。

と言うことは

完全八重になるのは aa の時だから
一重の種の1/3の確率で八重が出来る計算になる。

葉っぱが特徴的で、縮れているんです。
最初、アブラムシにやられたか???って思っていたくらいで。(笑)
すべての葉の端っこが上にめくれ上がっているので
そんな特徴があるんだってわかりました。(^m^)プッ

綺麗な紫の八重です。
数本植えてありますので、一重が咲いたら・・・採種しますvv
[PR]

by fu-souka | 2008-08-19 15:37 | *Pの小さな庭  

*風菫は森に後退?

d0034988_21545156.jpg
風菫(かざすみれ)のローズガーデン・・・

半年放置してしまったら

またすごい事になっちゃった

あんなに綺麗だったのに・・・嘘みたい

もうすっかりローズガーデンから<森>へと後退して

私の夢がまた遠のいてしまったのであります

草の種が飛んじゃったら大変なので

そろそろ刈り取らなきゃって思うんだけど

時間がありません

ちゃんと住むようになるまでは我慢なのかな~。

*--**--**--**--**--**--**--**--**--**--*
d0034988_21542858.jpg

そうそう、昨日O-さんの誕生日でした。

50歳になりました~パチパチ

プレゼントは、庭で摘み取ったブルーベリーを使ったチーズケーキ

O-さんは甘い物が苦手なので、あっさりとしたチーズケーキにしました。

今年はブルーベリーが沢山収穫出来てて嬉しい限りですvv

収穫するたびに、数粒土にばら撒いて発芽させようと試みています。

実を埋めるんじゃなく、単にばら撒くだけ。

木苺はずんずん増えて行くので注意が必要

涼しくなったら、大阪のブラックベリーを移植しようかな~。

*--**--**--**--**--**--**--**--**--**--*
d0034988_2155960.jpg

しば漬け・・・綺麗な色になりましたよぉ~vv

これは二度目の物です。
上手く出来上がったので、ここでレシピを公開します

<しば漬け>

*ナス(必須)・・・縦半分に切って、5mmぐらいの薄切り。
*キュウリ・・・・・縦半分に切って、種をスプーンでかきとり、5mmぐらいの薄切り。
*ミョウガ・・・・・半分に切る。

*赤シソ(必須)・・綺麗に洗って、葉だけ利用する。

*野菜の分量の4%の塩

1.漬物樽にキュウリを敷いて塩、ナスを敷いて塩・・・と塩ではさみ
 最後に赤シソを敷いて残りの塩を振り、重石をします。

2.3日ほどすると白いカビのようなのが出ますが、これは乳酸菌なので
 気になる人だけ取り除いて下さい。私はそのままにします。

3.5日目になると綺麗な色に漬かりますので、小さな袋にシソを取り除いて食べきり分入れ
 空気を抜いてから口を閉めて、冷蔵庫で保存。
 長期保存させたい人や酸っぱいのは苦手な人は、冷凍庫で保存ね♪

最初、一旦水分を捨ててから塩水でまた漬けましたが
別にそこまでしなくとも美味しく出来ましたので
そのまま漬け込みをしました。

私の場合、赤シソは美味しいと思わないので、小さな袋に詰める時に
取り外しました。これはお好みでどうぞ。

自分で作ると塩加減も出来るし、酸味も調節出来ます。
加えて、完全無添加ですから、安心ですよね
[PR]

by fu-souka | 2008-08-18 21:56 | *Pの手料理♪