<   2010年 06月 ( 3 )   > この月の画像一覧

 

*新宅から旧宅へのアプローチvv

d0034988_22255630.jpg
新宅から旧宅へのアプローチをやり直ししています。

足で踏むところが、だんだん沈んできて
ウッドチップを敷いているところより低くなっちゃって
どこが道なのかわからなくなってしまったのです。

それをやり直すべく
ここ数日時間を作ってはせっせとレンガ敷きをやておりますvv
d0034988_22262616.jpg

レンガを、薄い色と濃い色で組み合わせるため
合計200枚買って見ましたが・・・もう30枚追加しようかと思案中。

土止めに<玉竜>のポット苗を植え込むつもりでしたが
個数が非常に沢山必要になるので、ポットから取り出し
小分けにして先ずは植え込み
自然に増えてくれるまで待とうホトトギス。(笑)

飛び石のようにレンガを配した残りの空間に
グランドカバーになり得る植物を植えて行こうと言う考えです。

中央のメインツリーの円形レンガを引き上げてインパクトを強め
防草シートを敷いてからウッドチップを戻す。
d0034988_22265627.jpg

コキアがとても安かったの
一年草だけど、手間なしで綺麗な草形になるし
秋になったら真赤に色づき、枯れたら箒に出来る。(笑)
庭師さんが「これは良いアイディアですよ。うん、面白い!」と。
庭師さん、我が家に来るのが楽しみだと言ってくれました。(*^^*)

これからどんどん変化させて行こうと思います。

え?「いつ出来上がるのか」って?
さぁ~私が死ぬ時に完成かもね~(^m^)プッ
一度で作っちゃ~楽しめないから
ゆっくりじっくり変化をつけて楽しんで行きたいと思います。
一緒に楽しみながら見守って下さると、とても嬉しいです
[PR]

by fu-souka | 2010-06-13 22:27 | *風菫の里にて*  

*側溝整備~♪

d0034988_1037063.jpg
お隣との間に、湧き水が流れる側溝があるんです。

毎回草刈をすると、土がその側溝に落ち込んで大変だったんです。
足場も斜めになっていて危なくって困っていました。

ある日、息子が「釣った魚を焼くのだ」と言って
コンクリートのU字溝を買ってきたのを見て

「これを側溝の蓋にして、トンネルみたいにすれば良いかもvv」
と思いつきHCへと走った~vv

しかし・・・

U字溝には、ちゃんと蓋って物があって、しかもその方が安い!!
安い物には目のないPですから、側溝の溝の幅が18cmなので
<側溝蓋180>ってやつを取り合えず8枚買いました。

被さっていた土を少しずつクワで削り、なんとか側溝に蓋が出来ました。
これで草刈の時危なくなくて、土も溝に入らないvv

d0034988_10373276.jpg


この側溝には、沢山の沢蟹が生息していて
我が家の石の下が、どうやら産卵場所になっているらしく
大きな石をどけてやると、そこに小指の先ぐらいの沢蟹が
本当に沢山住んでいました。

家族でえっちらおっちらやっていると
お隣のご夫妻が声をかけて下さって・・・
草が生えないように除草剤を撒けばよいと、しきりに教えて下さる
除草剤を撒けば、間違いなく沢蟹は全滅するし
除草剤が染み出した側溝の水は、川へと流れてゆくわけで・・・。
その案には賛成しかねるPです。m(_ _)m ペコリ

よって、お隣との間の土の隙間は
防草シートと砂利で処理しようと、息子たちとまた仕事に励むのでありました。
[PR]

by fu-souka | 2010-06-07 10:38 | *風菫の里にて*  

*庭師さんvv

d0034988_19404165.jpg
家の周囲にある雑多な木々・・・。

私が剪定をすれば良いのでしょうが
それ専用の脚立も無ければ道具もない。
ずーーっと気になっていたのですが
どうにも出来ず。。。

そんな時、薪ストーブ用にと松の木を頂いたご縁で
庭師さんに庭の木々をお任せする事に決めました。

今、丁度忙しい時期に入っておられるとかで
「うちはいつでも構いませんから~」と一言付け加えておきました。
しかし、とても律儀な庭師さんが、早速次の日、下見に訪れてくれ
母がデイサービスに出かけている間なら、私が手すきだからと
木曜日・・・つまり昨日来てくださる事となりました。

朝の8時・・・庭師さんの朝は早いらしい。(苦笑)
私は母の食事を済ませ、デイサービスのお迎えを待っているところでした。

大きな剪定ハサミをカツカツ動かして
その速さときたら、モサモサ頭が
あれよあれよと瞬く間に夏用に散髪した頭になったよう。(*^^*)
素人では絶対無理でしょうね。

庭の枝垂桜・・・木の下に枝が多い・・・
と言うよりも、前の持ち主?が天辺の枝を闇雲に切ってしまってたので
とても残念な姿になっていてね。
それが一等私は悲しかったんです。

それを~青竹を支柱に立てて
その支柱に上手く枝をくくりつけ
二階のベランダぐらいの高さに仕立ててくれ
間の枝を間引いてスッキリにして見せてくれました。
これには感激です。

来年はこれから枝が伸びて
滝のように上から流れる桜となるでしょう。

d0034988_19412038.jpg


「この桜は、咲くと名所になるくらい素晴らしいと思いますよ」

本当に、本当に嬉しいです。(*^^*)

裏庭の剪定をして下さっている時
ビックリするような声が!!

d0034988_19415141.jpg


「いい紫陽花が植わっていますね!
 これは大切にして下さいよ。珍しい紫陽花です。
 下草を刈って、大切に育てないと、すぐに消えちゃうから。
 育てるのが難しいよ~。」

そう、山紫陽花ですが・・・珍しい色の紫陽花なんです。
小さいんですよ。
もう地植えにして4年になります。
地味な色合いですが、一目惚れして買ったものです。

今年は花後すぐに剪定をして
挿し木で増やそうかと思います。

剪定が終わろうとする頃
すごい雷鳴が轟き
強烈な雨が・・・ミ(ノ;_ _)ノ バタッ

「夕立だから、すぐに止むでしょう」

と、楽観的な庭師さんでしたが
午後6時を過ぎても止まない雨を見上げながらため息。。。

熱いお茶を入れて差し出しながら
庭や植木、池の話まで色々させてもらい
雨もまんざら悪くないかも~と。(笑)

庭師さんは大きな料理温泉のお店も手がけておられ
沢山の事を惜しげもなく教えて下さいました。
本当に安くやって下さって・・・申し訳ないくらい。

「主人から頼まれましたの~。」

と、清酒を1本、お礼に差し上げました。
今後の付き合いもあると思って。(o^^o) ウフ

表の残骸だけを掃除してもらい
裏の残骸は残していいからと言った手前
本日その残骸を、自分で片付ける事になった次第です。(><)

裏庭で先日見つけて、草刈の時切ってしまった茜が
復活してくれているのを確認しました。
良かった~~(*^^*)

掃除もまんざら悪くない!!

そう思える初夏の庭でした。(o^^o) ウフ
[PR]

by fu-souka | 2010-06-04 19:42 | *風菫の里にて*