とんと焼き

d0034988_6371957.jpg

昨日の朝、ご近所さんたちとお正月飾りを焼きました。

「とんと焼き」と大阪では言いますが、「どんど焼き」とか「とんど焼き」と、微妙に違いがありますが、することは同じですね。

うちの地域、昨年は8軒でやりましたが、今年は6軒でした。
岩ちゃんがいつも提供してくれていた鉄板を、今年も借りてきました。

「岩ちゃんが居なくなっても、毎年この板を貸してもらえたら思い出せるやんね」
「うちらも何か思い出してもらえるもん置いとかなよ」

みんな岩ちゃんを偲びつつ正月飾りを燃やしました。

雌竹と言う細い竹の先端を、二股に切って「山神さま」のお下がり餅を刺してとんと焼きの火で炙る。
お正月、「山神さま」には三日月や楕円形の「月」を模したお餅を、各家々でついて供えるそうです。
そのお餅を鏡開きで「御下がり」として頂き、とんと焼きの火で炙って食べると「夏病みしない」と言い伝えられています。

皆さん慣れていらして、焦がさす上手く焼いておられました。
が…私は火の近くで炙り過ぎて半分黒くなりました(ToT)

遠火でじっくり…焦りは禁物。

今年の目標にするかな。(笑)

今年も皆さんが無病息災で過ごせますように。
[PR]

by fu-souka | 2013-01-14 06:37  

<< 近況〜(≧ω≦)b メモクリップ♪ >>